協力:
  • Googleログイン
  • ログイン
  • 無料会員登録
  1. トップ
  2. TOP・無料コンテンツ
  3. 柏木集保の週末重賞ストラテジー
  4. 【アイビスSD】直千競馬のカギは前後半バランスと緩急?
  5. RSSフィード ツイッター YouTube はてなブックマーク

競馬予想

柏木集保の週末重賞ストラテジー

2019年07月27日(土)更新

【アイビスSD】直千競馬のカギは前後半バランスと緩急?

この直線1000mの重賞を2勝している騎手は4人。今年も騎乗するのはM.デムーロ(2015,2016年)と、西田雄一郎(2010、2017年)の2人。とくに西田騎手(44)が「直線1000m男」として脚光を浴びるのは、単に新潟1000mになるとふだんより成績が良くなるからだけではない。


2010年にケイティラブで逃げ切った際のダッシュは、11秒6(最速タイ)→21秒5(最速タイ)→31秒8(最速)→」だった。逆に、2017年にライッミーティアで猛然と伸びて差し切った際の後半3ハロン「31秒6」も、アイビスサマーD勝ち馬としては史上最速タイ記録である。行くときは果敢に行く。控えるときは我慢する。思い切りの良さがきわだっている


最速ダッシュに最速上がりを足すと「21秒5+31秒6」=53秒1。いつかこれに近い記録が誕生するかもしれない。


過去18回、「53秒台」の勝ち時計は計6回。カルストンライトオの53秒7のレコードの中身が、直線1000mをうまく乗り切るためのモデルパターンとして知られる。理想のバランスに近いという意味もある」。


「12秒0−9秒8−10秒2−9秒6−12秒1」=53秒7。 中間3ハロン「29秒6」の驚異のスピードに驚くが、前後半バランスが素晴らしい。大きな緩急をつけ「21秒8−(10秒2)−21秒7」=53秒7だった。


今年のライオンボスは、逃げ切って「22秒1−(10秒5)−21秒5」=54秒1。 慣れて飛ばした2戦目は「21秒7−(10秒2)−22秒0」=53秒9だった


2戦目はやや飛ばしすぎの印象もあり、まだアンバランス。時計短縮は可能だ。


ダイメイプリンスは昨年、残された数字は「22秒0−(10秒3)−21秒5」=53秒8となる。リプレイを見ると前半はもう少し遅く推定22秒2くらいとも映るが、馬群の中なので測定角度もあり0秒2ぐらいは誤差の範囲内。正式な記録を利用したい。6歳牝馬で休み明け、内を引いた不利もあるが、まだ時計短縮可能だろう。M.デムーロでもある。


前回ライオンボスの2着したカッパツハッチ(父キンシャサノキセキ)は、2戦目の直線1000mを54秒0(21秒7−32秒3)なら、十分に争覇圏だが、ダイメイプリンセスと同じで枠順は味方しなかったか


これなら、西田騎手の3着ミキノドラマー(父ショウナンカンプ)。自己最高の54秒2の中身は「22秒4ー31秒8」。後半31秒8は自身の最速タイであり、スタートで出負けするロスがあった。馬場が渋るようだと一気の浮上がある。ショウナンカンプの祖母の父は、第3回(69年)のスプリンターズS(重)を62㎏でレコード勝ちしたタケシバオーである。


好気配のアルマエルナトはすでに8歳だが、こちらも多少でもタイムのかかる馬場になれば幸運の外枠が味方する。


札幌の「クイーンS」は、同型馬はいるが全兄と同様に洋芝で一変しそうなエイシンティンク(武豊騎手)の先行スピードに期待したい。直前はごく軽めだが、「時計を出さないのも調教のうち」の金言がある。





柏木集保

SHUHO KASGIWAGI

日刊競馬で40年以上にも渡って看板を務める競馬界のご意見番・柏木集保が今週末の重賞レースのポイントをイチ早くレクチャー。過去データ・ラップ・血統・馬場など縦横無尽な分析でレースの核心に迫る。ここが的中馬券への最初の一歩。

  • twitter
  • facebook
  • g+
  • line