協力:
  • Googleログイン
  • ログイン
  • 無料会員登録
  1. トップ
  2. TOP・無料コンテンツ
  3. 柏木集保の週末重賞ストラテジー
  4. 【小倉記念】伝説の芦毛の名馬の血がこの舞台で活きる
  5. RSSフィード ツイッター YouTube はてなブックマーク

競馬予想

柏木集保の週末重賞ストラテジー

2019年08月03日(土)更新

【小倉記念】伝説の芦毛の名馬の血がこの舞台で活きる

期待の注目馬だったアイスバブル(父ディープインパクト)は、ちょっと非力だった初期に評価を落としたため、ここまで9戦連続1番人気ではない。だから全4勝が1番人気ではない。しかし、このレースにはディープインパクト産駒が3頭いる。今回はいやでも売れるだろう。


馬券の妙味は乏しいが、馬体の充実した昨年の夏以降のアイスバブルは【3−3−0−0】。早期からの活躍馬が多いディープインパクト産駒の中では、完成期に入るのが遅いタイプだった。こういうタイプの方が成長する。


前回の目黒記念は2着とはいえ価値ある内容だった。記録されたJRAレコードとわずか0秒2差の2500m2分28秒4。直前の日本ダービーは2400m2分22秒6のレースレコードで、ハロン平均は11秒88。アイスバブルの2500mのそれは11秒87。あってないような微差とはいえ上回っている。2500mの2分28秒台前半は速い。


もともと好位差しタイプなので、この組み合わせなら置かれないだろう。小倉コースも【1−1−0−0】。アメリカ血統の母方は平坦巧者でもある。


血統背景は、クロフネの半妹で同じ芦毛のミスパスカリに、日本ダービー馬キングカメハメハを配して生まれたのが母ウインターコスモス。ウインターコスモスの最大の特徴は、母ミスパスカリには芦毛の名馬ネイティヴダンサー(22戦21勝)のクロスが複数秘められていたので、キングカメハメハとの配合により、代は遠くなったもののネイティヴダンサーのクロスが一段と増幅されたこと。さらに芦毛も伝承された。


そこに、やはり日本ダービー馬でチャンピオン種牡馬ディープインパクトを配して誕生したのがアイスバブル。全兄グリュイエールだけでなく、金子オーナーの似たような自家生産馬に近い血統背景を持つ馬は多いが、さらに芦毛が伝わったという意味では、特別な存在にも近い。金子オーナーは、白毛シラユキヒメから広がる牝系をことのほか大切にしている。


毛色と競走能力に関係はないものの、伝説のネイティヴダンサーの芦毛を受け継ぐ馬は、総じて夏の平坦コースで粘り強いタフな能力を全開する。代を経てもその特徴は変わらないように思える。


新潟の「レパードS」
放牧先(天栄)から新潟に直接入って態勢を整えたヴァイトブリック(父シンボリクリスエス)は、前回のユニコーンSが気負ってスタートで出負けしたのが敗因の1つだけに、プラスを生む公算大。また、1600mより、【2−1−0−0】の成績を残す1800m以上の方が合っている。ファミリーには勢いがあり、英のGⅠナッソーSを快勝して意気上がるディアドラとはイトコ同士(日本ダービー馬ロジユニヴァースもイトコ)。


快速系ではなく、母の半弟にあたるランフォルセ(父シンボリクリスエス)は交流重賞を中心にダートで11勝もしたが、うち9勝が1700mー2000mだった。この距離の方が底力を発揮できるだろう


柏木集保

SHUHO KASGIWAGI

日刊競馬で40年以上にも渡って看板を務める競馬界のご意見番・柏木集保が今週末の重賞レースのポイントをイチ早くレクチャー。過去データ・ラップ・血統・馬場など縦横無尽な分析でレースの核心に迫る。ここが的中馬券への最初の一歩。

  • twitter
  • facebook
  • g+
  • line