協力:
  • Googleログイン
  • ログイン
  • 無料会員登録
  1. トップ
  2. TOP・無料コンテンツ
  3. 馬券設定理論
  4. 【テレQ杯】千二3戦3勝すべて圧勝の〇モンペルデュ
  5. RSSフィード ツイッター YouTube はてなブックマーク

競馬予想

馬券設定理論

2019年08月17日(土)更新

【テレQ杯】千二3戦3勝すべて圧勝の〇モンペルデュ

⇒はじめての方はコチラ「設定理論」とは?


新潟11R  日本海ステークス

最上位評価は▲のゴージャスランチとバレリオ。前者は前走2着と現級突破に王手を掛けているが、初めての距離であり、2キロ増では堅軸とはいえまい。それなら後者のほうが手堅いか。これまで4戦3勝、底を見せておらず、陣営も強気だけにあっさりがあっても驚けない。次位は☆のノチェブランカとフェイズベロシティだが、それぞれツメは甘い。


87654321






















































ST

※ST=スタンダードマーク


小倉11R  テレQ杯

前走でレコードVとした○モンペルデュが最上位評価。今回初の3勝クラスとはいえ、千二では3戦すべて圧勝、スピード能力は現級にとどまるものではなく、中6週なら反動の危険性も低い。軸として妥当。次位は▲のブラックランナーとヘルディン。連勝中の後者の勢いは侮れないが、同じく当舞台での実績十分の前者が妙味ありだ。


13121110987654321

















































































ST

※ST=スタンダードマーク


札幌11R  札幌日刊スポーツ杯

北海Hの再戦ムード。当時、最先着の○ドリームスピリットが最上位評価。長丁場では安定しており、1キロ増なら極端な戦力ダウンもないはず。2走前にVとした横山武なら鞍上スイッチもOKだ。相手探しの1戦。次位の▲はバリングラとトロピカルスイート。ただし、☆のディバインフォース、ラクローチェもそれほど差はなく混戦模様。


1110987654321



































































ST

※ST=スタンダードマーク



設定理論とは?

パチスロの必勝法は回収率の高い、いわゆる〝高設定〟の台に座ること。設定の見極めができればプラス収支は確実。競馬でいえば、設定の高いレースとは〝買いやすく儲けやすい〟レースのこと。レースの設定を的確に行い、高設定レースを選んで馬券を買えばプラス収支は現実的。設定理論とは馬券長者への道しるべである。


新時代予想印「スタンダードマーク」

効率的に馬券を買うためには、レースの全体像の把握が不可欠。旧態依然の相対評価ではなく、絶対的評価による印によって全体像を描き出す。


  • twitter
  • facebook
  • g+
  • line