協力:
  • Googleログイン
  • ログイン
  • 無料会員登録
  1. トップ
  2. TOP・無料コンテンツ
  3. 柏木集保の週末重賞ストラテジー
  4. 【新潟記念】難解なハンデ戦は長所重視作戦で
  5. RSSフィード ツイッター YouTube はてなブックマーク

競馬予想

柏木集保の週末重賞ストラテジー

2019年08月31日(土)更新

【新潟記念】難解なハンデ戦は長所重視作戦で

馬場状態は流動的。ペース(展開)も読みにくい。非常に難解なので、ハンデに注目したい。今年の新潟記念にはハンデ57㎏以上の実力馬が6頭もいる。遠い時代は別に、連続して新潟で行われた過去18年間では最多頭数タイ(3度目)であり、全体レベルはかなり高い組み合わせを示している。

過去に6頭いた2016年は、57㎏以上馬は【0−1−0−5】だった。もう一回の2006年は、【1−0−1−4】であり、今年のように57㎏以上を背負う馬が6頭もいれば、さすがに1頭くらいは好走する。

とはいえ、18年間で57㎏以上を課せられた馬は52頭いて、その成績は【2−3−5−42】にとどまる。実績上位の評価を受けながら、勝率3.8%、連対率9,6%では、難解なハンデ戦そのもの。好走の可能性はかなり低いではないか、とするのが妥当か。たしかに1頭くらいは好走して不思議ないが、信頼度は高くないだろう。各馬の少々の死角には目をつぶり、長所重視の作戦を取りたい。

軽ハンデ54㎏の6歳馬アクートは、最終週の少々時計を要する芝大歓迎のステイゴールド産駒。タフな成長力を受け次ぎ、5歳秋以降のこの1年間【1ー3ー2ー0】。ついにオープンに出世してきた。

最大の長所は、新潟コース③①①①着(全部外回り)であること。上がり3ハロンは4戦すべてメンバー中最速の「32秒5〜33秒5」だった。切れるというより、速い脚が長続きする差し馬。

ハンデ54㎏が示すようにここではランクは下だが、抜群の新潟外回り(経験は1800mと、 2000m)に対する適性は光る。例によって攻め馬の動きはごく平凡だが、もともと調教は動かないので、狙ったここは仕上がりに不安はない。

ドリームジャーニーとオルフェーヴル兄弟、ゴールドシップ、フェイトフルウォーなど、種牡馬ステイゴールドは、メジロマックイーン(芦毛)の牝馬と抜群の相性(ニックス)を誇ったことで知られる。

アクートは、(残念ながら)母の父はクロフネ。祖母の父がメジロマックイーンなので、相性の良さ半減かもしれない。ただし、母の父クロフネは現在、母の父ランキング「8→6→5→2」位に上昇中。特注のブルードメアサイアーになっている。。

ステイゴールド(15年死去)は、最新の著名牝系ではなく埋もれかけた一族に光りを当て、蘇らせる役目を担った。それもあって、一時代前の勝負強い夏の平坦巧者の血をもつノーザンテーストのクロスを持つ馬が多かった。オルフェーヴル兄弟はノーザンテーストの「4×3」」であり、レインボーラインは「4×5」。ウインブライトは「4×4」になる。

アクートの場合、3代母ペッパーキャロル(母の父ノーザンテースト)は、1996年の新潟記念2着馬サクラキャンドル(母の父ノーザンテースト)とイトコの間柄(母が全姉妹)であり、ノーザンテーストの「4×5」となる。


柏木集保

SHUHO KASGIWAGI

日刊競馬で40年以上にも渡って看板を務める競馬界のご意見番・柏木集保が今週末の重賞レースのポイントをイチ早くレクチャー。過去データ・ラップ・血統・馬場など縦横無尽な分析でレースの核心に迫る。ここが的中馬券への最初の一歩。

  • twitter
  • facebook
  • g+
  • line