協力:
  • Googleログイン
  • ログイン
  • 無料会員登録
  1. トップ
  2. TOP・無料コンテンツ
  3. 2歳戦THE青田買い
  4. 9/29山田乗男の2歳戦青田買い
  5. RSSフィード ツイッター YouTube はてなブックマーク

競馬予想

2歳戦THE青田買い

2019年09月28日(土)更新

【サフラン賞】先行馬断然の状況なら一角崩しも

【中山9R サフラン賞】
(芝1600m 14:25発走)


◎⑦ビッククインバイオ

○②ギルデッドミラー
▲⑤マジックキャッスル
△⑥イズジョーノキセキ
△⑨マルターズディオサ

 

【出馬表・オッズはこちら】


頭数は少ないが、素質馬が揃い注目の一戦。将来的には②ギルデッドミラーや⑤マジックキャッスルだと思うが、今の中山の馬場と、当レースが例年先行馬が活躍していることから⑦ビッククインバイオを推す。

新馬戦は3着も叩いて一変し、2戦目は楽勝。先手を取って、残り2~1Fに10秒台のラップを出し、結局最後の3Fは33.5秒では後続もなすすべ無し。単純な逃げ馬ではないことをアピールした。それは新潟2歳Sでも証明され、2番手から33.9秒の脚を使って3着入線。上位がウーマンズハート、ペールエールの実力馬だから、この3着は褒められるものだ。先週の土曜最終のマイル戦で大逃げをうった馬がまんまと逃げ切ったように、今の中山は簡単に止まらない。ならば、この馬の先行力と直線の二枚腰によって、強豪相手でも粘り切ることはできると見る。

強敵は②ギルデッドミラー。兄はストロングタイタン(重賞勝ち馬)、ミラアイトーン(一時4連勝)で、弟はセレクトセールで4億7000万円の高額がついたほどの良血馬。新馬戦は展開不利の中、よれながらも差し切る強い内容で高い素質を感じさせた。直前の坂路では上り11.9秒を出して更に上昇を感じさせており、ここからクラシック路線へまっしぐらという流れもありそうだ。

素質なら⑤マジックキャッスルも負けていないのだが、折り合い面の不安からか血統からは微妙な1200m戦でデビュー。楽勝したものの、今回2F延長が気になるところである。


馬連
2-7(40%)
5-7(20%)
6-7(20%)
7-9(20%)


3連単
2頭軸マルチ
軸 2,7
相手 5,6,9
(18点)


山田乗男

YAMADA NORIO

某著名雑誌で長年POGコーナーを担当する2(3)歳馬情報のスペシャリストが、1日で最も信頼できるとっておきの新馬情報を大暴露!!時には危なすぎる情報も!?

  • twitter
  • facebook
  • g+
  • line