協力:
  • Googleログイン
  • ログイン
  • 無料会員登録
  1. トップ
  2. TOP・無料コンテンツ
  3. 境和樹:穴馬券ネオメソッド
  4. 【秋華賞】キングマンボVSマキャベリアン
  5. RSSフィード ツイッター YouTube はてなブックマーク

競馬予想

境和樹:穴馬券ネオメソッド

2019年10月11日(金)更新

【秋華賞】キングマンボVSマキャベリアン

▼動画で解説!▼
[秋華賞攻略ポイント]







【京都11R秋華賞】
(芝2000m 15:40発走)


sakai

桜花賞馬、オークス馬を欠き、有力馬の中にはブッツケ本番の馬も。何やら波乱の香りがする今年の秋華賞。

その秋華賞で狙うべき血統は、ミスプロ系。特にキングマンボとマキャベリアン。

sakai


昨年の該当馬アーモンドアイはおいておくとして、それ以外にも多数の好走例があるキングマンボ系保持馬。10月の京都芝、特に内回りコースにおける成績が非常に良い系統であり、それをそのまま秋華賞にも反映しているという状況です。

sakai


キングマンボ系をはじめとしたミスプロ系が全般的に強い秋華賞。その中で、キングマンボに次ぐ重要血統として注目しておきたいのが「マキャベリアン」の血。
マキャベリアンは、ミスプロ系の中でも欧州的な芝適性のある系統で、キングマンボに近い適性を持っていると言えます。その結果として、キングマンボ系が強い秋華賞において、それを追い駆ける立場を構築しているという構図です。

昨年は唯一の該当馬だったスカーレットカラーが前日に出走を取り消してしまいましたが、16、17年と連続して馬券に絡み、存在感を見せています。12年以降、該当馬は7頭のみ。出現率が決して高くない中でこれだけの結果を残していることで、本質的な血統適性の高さが浮き彫りになります。


キングマンボとマキャベリアンに注目したい秋華賞。今年の候補馬は……

②メイショウショウブ
(母父キングカメハメハ)

③ブランノワール
(母母父マキャベリアン)

⑪フェアリーポルカ
(父ルーラーシップ)

⑫レッドアネモス
(父母父マキャベリアン)

⑯パッシングスルー
(父ルーラーシップ)

③ブランノワールは、父が昨年の勝ち馬アーモンドアイと同じロードカナロアでキングマンボ系保持馬というテーマをクリアし、母母父にマキャベリアンを内包。

現在2連勝中。そのいずれもが本格化を如実に感じさせる好内容。昨年2着のミッキーチャームがそうだったように、「夏場に古馬2勝クラスを勝っていれば通用」は、秋華賞の古くからの伝統でもあります。波乱の主役になる可能性大と見ています。

sakai





【出馬表・オッズはこちら】

境和樹が厳選勝負レースを公開中!
「競馬成駿」はコチラ!


境和樹

SAKAI KAZUKI

立教大学部法学部卒。東スポや競馬の天才で人気上昇中の血統予想家。血統傾向からレースの適性を探る。

  • twitter
  • facebook
  • g+
  • line