協力:
  • Googleログイン
  • ログイン
  • 無料会員登録
  1. トップ
  2. TOP・無料コンテンツ
  3. 境和樹:穴馬券ネオメソッド
  4. 【富士S】馬場状態別のアプローチ
  5. RSSフィード ツイッター YouTube はてなブックマーク

競馬予想

境和樹:穴馬券ネオメソッド

2019年10月18日(金)更新

【富士S】馬場状態別のアプローチ

▼動画で解説!▼
[富士S攻略ポイント]







【東京11R富士S】
(芝1600m 15:45発走)


sakai

今年の富士Sは、天候と馬場状態を把握することがキーポイントになりそう。

まずは基本的なレース傾向について。

富士Sは、伝統的に欧州血統保持馬が強く、また、近年はディープ産駒の堅調ぶりが目立つレース。

東京マイルは、原則としてフレンチ~クロフネのラインやストームキャットなど、ダート型Nダンサーが走りやすいコースですが、このレースに関してはもう少し底力の要求値が上がっており、結果として「欧州血統」の活躍が目立つことになります。

中でも、サドラーズウェルズ、ダンシングブレーヴ、ニジンスキーといった欧州血統3本柱に注目。

sakai


昨年も、母父にダンシングブレーヴを持ったレッドアヴァンセが3着。そのダンシングブレーヴは、後継種牡馬のキングヘイローも二桁人気で2度馬券になったシャイニープリンスも輩出しています。
その他、サドラーズウェルズ系ローエングリン、ニジンスキー系保持馬も上記表のとおり好走が目立ちます。

先週の府中牝馬Sと似た理屈で、マイルCSの前哨戦でありながら、大目標出走のために勝つことが要求される馬と、GⅠでは足りないゆえにここで何とかタイトルを獲りたい馬が集まるレース。必然的にレース自体が底力を要求することになり、欧州血統の重要性が高まるという仕組みです。

sakai


もうひとつ、富士Sを考える上で欠かすことのできない血統がディープインパクト産駒。

昨年も3人気2着ワントゥワン、5人気3着レッドアヴァンセがいずれもディープ産駒。初めて産駒が出走した12年以降、その成績は【3-4-2-8/17】勝率17.6%、連対率41.2%、複勝率52.9%とハイアベレージ。単回率108%、複回率145%と馬券的にも見逃すことのできない活躍を果たしています。

と、ここまでは富士S固有の血統傾向として理解しておくべきなのですが、ひとつだけ気になるのが馬場状態。

sakai


不良馬場で行われた2年前の富士Sが、まさに傾向激変という結果。ディープ産駒も欧州血統も揃って圏外に沈んだのです。

代わって台頭したのが、道悪巧者ノーザンテーストの血を母系の底に持っていたエアスピネルと、マンノウォー系保持馬のクルーガー。道悪適性がストレートに問われた結果でした。

もちろん、良馬場施行のサンプルが多いレースで、道悪で行われたケースは先述2017年と2011年の2回だけ。その少ないサンプルで判断するのはいささか早計という気もしますが、今年は、金曜夕方から雨が降るという予報が出ており、土曜日も降ったり止んだりを繰り返す模様。どの程度馬場が悪化するかは注視すべき。

良馬場なら、過去の傾向に沿って欧州血統とディープ産駒を重視。仮に道悪(重馬場以下)になるようなら、過去の傾向を捨てて道悪適性を重視する。そんなフレキシブルなスタンスで臨みたい今年の富士S。

まずは良馬場における候補馬を。

②レッドオルガ
(父ディープ×母父Dブレ―ヴ)

⑬ジャンダルム
(父キトゥンズジョイ)

⑭ダッシングブレイズ
(父キトゥンズジョイ)


続いて、重馬場以下まで悪化した場合の注目馬。

③アンノートル
(母父タイキシャトル)

⑧メイショウオワラ
(母父タイキシャトル)

⑭ダッシングブレイズ
(母父オナーアンドグローリー)

⑰クリノガウディー
(父スクリーンヒーロー)

⑱ストロングタイタン
(母父ティズナウ)

良馬場なら②レッドオルガ
父ディープに母父ダンシングブレ―ヴといういかにも富士Sらしい血統。既にご存知の通り、クラレント、レッドアリオン、レッドアヴァンセとこのレースの好走馬を3頭送り出したことを筆頭に、東京マイル重賞で無類の安定感を誇るエリモピクシー母系でもあります。
今年2月の東京新聞杯ではインディチャンプと半馬身差。この馬も母系由来の東京マイル重賞適性は証明済みです。

一方、道悪なら⑰クリノガウディーに注目。
超が付く不良馬場で行われた先週の京都芝で勝ったテイエムフローラという馬がスクリーンヒーロー産駒でしたが、このスクリーンヒーローは馬場が悪くなればなるほど成績が上がる道悪血統。
さらに、この馬は、母父ディアブロが、道悪の鬼タイキシャトルなどがいるデヴィルズバッグのライン。そして、母母父まで道悪巧者のメジロライアン。馬場悪化大歓迎の血統背景を持っており、これは馬場悪化が進むようなら一気に評価を上げる必要があります。重馬場まで悪くなるようなら、こちらから買ってみたいです。





【出馬表・オッズはこちら】

境和樹が厳選勝負レースを公開中!
「競馬成駿」はコチラ!


境和樹

SAKAI KAZUKI

立教大学部法学部卒。東スポや競馬の天才で人気上昇中の血統予想家。血統傾向からレースの適性を探る。

  • twitter
  • facebook
  • g+
  • line