協力:
  • Googleログイン
  • ログイン
  • 無料会員登録
  1. トップ
  2. TOP・無料コンテンツ
  3. マル秘次走注目馬
  4. 11/2・3開催の次走注目馬
  5. RSSフィード ツイッター YouTube はてなブックマーク

競馬予想

マル秘次走注目馬

2019年11月06日(水)更新

【次走注目】東の金将・舘林勲特別監修!

東京

日曜

3R 2歳未勝利(芝1400m)
次走注目:スピードオブラブ
(2人気2着)
徐々にテンションが高くなり、位置を取りに行く競馬ができずに少頭数の最後方から。流れも落ち着いてしまいラスト2ハロン10.9秒→11.1秒と差を詰めるのが困難な超速上がりの競馬になってしまった。それでも勝ち馬を上回る上がりタイムをマークして2着に追い上げたのは未勝利突破が確実な走力を持っていることの証明。必要以上にテンションが上がらなければ首位有望。



日曜

10R 錦秋S(ダ1600m)
次走注目:アームズレングス
(3人気2着)
ゲートを上手に出れずに1頭だけ置かれた状況。5ハロン通過も61.2秒と流れが緩くなり、上がりは35.3秒と完全に先行勢に有利なレースとなった。その中で、内から馬間を割って上がり3ハロン34.8秒の脚を駆使しての2着は勝ち馬と同等レベルの能力評価を与えられる。これで東京ダートは5戦5連対。実力をフル発揮しやすい東京戦なら常に上位争いの期待を懸けられる。

京都

日曜

3R 2歳未勝利(ダ1800m)
次走注目:レガーメペスカ
(4人気1着)
デビュー2戦はまったく冴えないレースぶりだったが、ダート替わりでハナに行けた今回は大変身。1.52.7秒で10馬身差の楽勝劇を飾って見せた。減量の恩恵があったかもしれないが、ようやく稽古の良さを実戦で発揮できた印象。ラスト2ハロン12.4秒→12.4秒とまったく乱れなかったこと、5ハロン通過が1秒速かった同日の古馬2勝クラスが1.51.1秒だったことからも昇級即有用レベルと考えられる。

  • twitter
  • facebook
  • g+
  • line