協力:
  • Googleログイン
  • ログイン
  • 無料会員登録
  1. トップ
  2. TOP・無料コンテンツ
  3. 境和樹:穴馬券ネオメソッド
  4. 【ジャパンC】血統的にはこの一択!
  5. RSSフィード ツイッター YouTube はてなブックマーク

競馬予想

境和樹:穴馬券ネオメソッド

2019年11月23日(土)更新

【ジャパンC】血統的にはこの一択!

▼動画で解説!▼
[ジャパンC攻略ポイント]







【東京11RジャパンC】
(芝2400m 15:40発走)


sakai

ジャパンCといえば、トニービン。血統的にはほぼこの一択と言っても過言ではありません。

sakai


11年以降、必ず1頭は該当馬が馬券に絡み、二桁人気馬も馬券圏内に送り込んでいるトニービン系保持・内包馬。昨年も、勝ったアーモンドアイは別格とはいえ、2~5着馬は全てトニービン保持・内包馬。改めてこの血統のジャパンC適性を証明する結果になりました。

基本的にラスト4Fの持続力比べになり、終い1ハロンで失速するのがジャパンCのデフォルト。この持続力比べとラストの失速に耐えるために必要な底力が、トニービンの本質にピッタリ嵌るという構図です。

今年もトニービン保持・内包馬から本命を選びたいジャパンC。候補馬は以下の通り。

③ウインテンダネス
(父カンパニー)

④ムイトオブリガード
(父ルーラーシップ)

⑤スワーヴリチャード
(父ハーツクライ)

⑩ダンビュライト
(父ルーラーシップ)

⑪シュヴァルグラン
(父ハーツクライ)

⑫タイセイトレイル
(父ハーツクライ)

⑩ダンビュライトは、父ルーラーシップでトニービン内包の血統テーマをクリアする存在。

前走の京都大賞典は、確かにレースレベルとしては平凡だったかもしれませんが、後半5F12.4-11.7-11.6-11.5-12.1の流れが、近年のジャパンCに酷似した形。この流れで好走できたことは収穫。日曜日は雨の予報もあり、これで時計が少しでも掛かれば、前残りの可能性は十分あると見ています。





【出馬表・オッズはこちら】

境和樹が厳選勝負レースを公開中!
「競馬成駿」はコチラ!


境和樹

SAKAI KAZUKI

立教大学部法学部卒。東スポや競馬の天才で人気上昇中の血統予想家。血統傾向からレースの適性を探る。

  • twitter
  • facebook
  • g+
  • line