協力:
  • Googleログイン
  • ログイン
  • 無料会員登録
  1. トップ
  2. TOP・無料コンテンツ
  3. 2歳戦THE青田買い
  4. 11/30山田乗男の2歳戦青田買い
  5. RSSフィード ツイッター YouTube はてなブックマーク

競馬予想

2歳戦THE青田買い

2019年11月29日(金)更新

【葉牡丹賞】この馬を避けて回避馬が出たという噂...?

【中山9R 葉牡丹賞】
◎④グランデマーレ


○⑥ダーリントンホール
▲⑫アマゾーヌ
△③エヴァーガーデン
△⑧ディアセオリー
△②ローレリスト
△⑤ヒシエレガンス

 

【出馬表・オッズはこちら】


早くから葉牡丹賞を目標にしていたサンデーRの良血期待馬ディアスティマが、ここを回避して来週のエリカ賞へ。鞍上に予定していたスミヨン騎手が乗れないため(阪神で騎乗)という理由だが、どうも強い馬が出てくることで回避したという噂も。その「強い馬」とは、同じノーザンF生産馬で、キャロットF所属の④グランデマーレのことではないだろうか。デビューとなった京都芝1800m新馬戦は、好調教馬、良血馬が揃った好メンバー。激戦が予想されたが、実際にはグランデマーレの独壇場。素早く先手を取ると、最後まで余裕を持ち、ゴール前は抑えたまま3馬身差の楽勝と期待以上のレースを見せてくれた。アクシデントでデビューが遅れたが、夏の函館では一番馬という声もあがるほど評判になっていた馬。前走は、その評価に値するものだった。格上げ戦だが、1勝クラス突破に時間のかかる馬ではあるまい。


最大のライバルは⑥ダーリントンホール。この馬も函館ではグランデマーレに匹敵する評判馬で、デビュー戦は楽勝。札幌2歳Sは内枠が災いし、バテた馬が下がってくると、勝負処で抑えざるを得ない状況になり、番手が下がってしまった。瞬発力のあるタイプではないので、この不利は痛かった。この馬も1勝クラスに留まる器ではない。


葉牡丹賞と同じ中山2000mの2走前が強かった⑫アマゾーヌの先行力にも注意。





馬連
4-6(40%)
4-12(20%)
3-4(10%)
4-8(10%)
2-4(10%)
4-5(10%)

3連単
1着 4
2着 6,12,3,8,2,5
3着 6,12,3,8,2,5
(フォーメーション30点)
1着 6,12,3,8,2,5
2着 4
3着 6,12,3,8,2,5
(フォーメーション30点)


山田乗男

YAMADA NORIO

某著名雑誌で長年POGコーナーを担当する2(3)歳馬情報のスペシャリストが、1日で最も信頼できるとっておきの新馬情報を大暴露!!時には危なすぎる情報も!?

  • twitter
  • facebook
  • g+
  • line