協力:
  • Googleログイン
  • ログイン
  • 無料会員登録
  1. トップ
  2. TOP・無料コンテンツ
  3. 境和樹:穴馬券ネオメソッド
  4. 朝日杯フューチュリティS・境和樹の競馬予想
  5. RSSフィード ツイッター YouTube はてなブックマーク

競馬予想

境和樹:穴馬券ネオメソッド

2019年12月14日(土)更新

朝日杯フューチュリティS・境和樹の競馬予想

▼動画で解説!▼
[朝日杯フューチュリティS攻略ポイント]







【阪神11R朝日杯フューチュリティS】
(芝1600m 15:40発走)


sakai

トリッキーな中山芝1600から、外回りの阪神マイルに舞台が替わった朝日杯FS。イメージ的にはスタミナの要求値が高まったと感じるところですが、実は、スピードの重要性が高いというのがその本質。

血統面を見ても、スピード血統を持った馬が穴を開けています。

sakai


昨年2着クリノガウディーの母父ディアブロは、現役時代、米国のダ1200戦線で走っていた馬。16年の勝ち馬サトノアレスは、母父にデインヒル。スピードの持続性能に優れたダンチヒ系の代表種牡馬であり、自身、現役時代にスプリントCという欧州スプリントGⅠを勝った馬でした。同年2着モンドキャンノの母父は、ご存知、日本のスプリント界を牛耳るサクラバクシンオー。

sakai


馬キャラ的にも、短距離実績馬が意外にバカにできません。上記の通り、マイル戦の出走経験がない馬の好走は少なくありません。また、14年2着アルマワイオリ、16年3着ボンセルヴィーソは、マイル以上の距離に出走経験はあったものの、勝ち鞍はありませんでした。
17年3着タワーオブロンドンにいたっては、古馬になってからスプリント路線に転向。今年のスプリンターズSを制したスピードタイプでした。

先週の阪神ジュベナイルFを見ても、今の阪神は内前有利の傾向が残っており、どちらかと言えばスピードの要求値が高い。この傾向も加味すれば、今年の朝日杯フューチュリティSは、むしろ例年以上にスピードの重要性が高まる可能性もあると見ています。

血統的にスピード要素の強い馬。または、1400のOP特別勝ち以上の実績がある馬を候補馬として抽出。

②ビアンフェ
(母父サクラバクシンオー)

⑧タイセイビジョン
(京王杯SC勝ち)

⑬プリンスリターン
(ききょうS勝ち)

⑮メイショウチタン
(母父マイネルラヴ)

⑯ラウダシオン
(もみじS勝ち)

②ビアンフェは、母父にサクラバクシンオーを持って血統テーマをクリアする存在。

左回り、主場開催、長距離輸送と初物尽くしだった前走は、プラス24キロの馬体増も含めて叩き台と見るのが正解。よほど馬場が外差しに振れない限り、先週に続くアッと驚く逃走劇が嵌る可能性十分でしょう。





【出馬表・オッズはこちら】

境和樹が厳選勝負レースを公開中!
「競馬成駿」はコチラ!


境和樹

SAKAI KAZUKI

立教大学部法学部卒。東スポや競馬の天才で人気上昇中の血統予想家。血統傾向からレースの適性を探る。

  • twitter
  • facebook
  • g+
  • line