協力:
  • Googleログイン
  • ログイン
  • 無料会員登録
  1. トップ
  2. TOP・無料コンテンツ
  3. マル秘次走注目馬
  4. 2/1・2開催の次走注目馬
  5. RSSフィード ツイッター YouTube はてなブックマーク

競馬予想

マル秘次走注目馬

2020年02月05日(水)更新

【次走注目・セントポーリア賞など】舘林勲特別監修

東京

土曜

4R 3歳1勝クラス(ダ1600m)
次走注目:サンライズラポール
(1人気7着)
初戦快勝で直前の追い切りも坂路4F50.6秒。ひと叩き効果もあって連勝の大チャンスと思われたが、芝スタートでダッシュがつかず、ダートに入ると折り合いがつかずに口を割りながら上昇するシーン。ポケットに入れてどうにか収まりがついたが、直線に入っても初戦時の推進力ある走りが見られずゴール前では後続馬群に飲み込まれてしまった。見せ場なく平凡な内容としか言えないが、実力を出し切っての敗戦でないことは確か。初戦V内容、稽古の走りからは上位レベルの能力がありそうでこの1戦で見限るのは早計。



日曜

9R セントポーリア賞(芝1800m)
次走注目:セントオブゴールド
(2人気3着)
2~3歳中距離戦らしく5F通過が60.7秒。上がり3F11.5秒→11.2秒→11.5秒と先行勢に有利な展開だった。この流れに逆らうように4角で一旦後方に下がり、直線では馬間を割ってしっかり伸びて上がり3Fは唯一33秒台を計時。このクラスは間違いなく卒業できる素材であることをアピールする走りだった。しかも、プラス26キロの馬体は、非力さが目立った昨秋当時とは別馬のように良化していた。しっかりと成長を遂げており、今後が楽しみな存在となってきた。

京都

日曜

9R 大津特別(ダ1800m)
次走注目:ソルトイブキ
(2人気2着)
少頭数戦で5F通過64.2秒、上がり3F36.3秒と完全なる上がりの競馬となった。この流れの中で、2角では後方3番手。3角手前からじんわり押し上げ4角では強気に早めに仕掛けて一旦先頭。その分、ゴール前で甘くなってしまったが2着確保の内容は確かな走力を示すものと言える。今回を含め昇級3戦で2、4、2着と常に上位争いを演じており、様々な取り口の競馬ができているのも大きな強味。勝ち抜け制となっている現代競馬なら3勝目ゲットの絶好機が必ず訪れる。

  • twitter
  • facebook
  • g+
  • line