協力:
  • Googleログイン
  • ログイン
  • 無料会員登録
  1. トップ
  2. TOP・無料コンテンツ
  3. 馬券設定理論
  4. 【フェブラリーステークス】軍配は2強のどちらに!?
  5. RSSフィード ツイッター YouTube はてなブックマーク

競馬予想

馬券設定理論

2020年02月22日(土)更新

【フェブラリーステークス】軍配は2強のどちらに!?

⇒はじめての方はコチラ「設定理論」とは?


東京11R フェブラリーS

最上位評価は〇のインティとモズアスコット。前者は昨年の覇者。極端な戦力ダウンは認められず連覇の可能性も。後者は初ダートの前走で好時計V。芝のマイルGⅠ馬。調子落ちさえなければ連勝の可能性も。次位は▲のヴェンジェンスとサンライズノヴァ。前者は前走でインティに先着。後者は東京マイルで4勝を挙げている名うてのコース巧者だ。


16151413121110987654321


































































































ST

※ST=スタンダードマーク


京都11R  大和S

最上位評価は当舞台の3走前で2着した〇テーオージーニアス。前走は6着とて千四なら参考外。2走前が示すように重賞Vの戦力も備えているだけにオープンのここならV資格十分。次位は▲の3頭。単騎逃げならモンペルデュ、あるいはジャスティンはVの可能性はあるが、先行激化が濃厚。それならヨシオが大きく浮上して驚けない。


16151413121110987654321






























































































ST

※ST=スタンダードマーク


小倉11R 小倉大賞典

最上位評価はクラシック3戦すべて3着以内の◎ヴェロックス。当舞台で新馬圧勝。鉄砲はOKのタイプであり、トップハンデとはいえ背負い慣れた57キロなら懸念材料にはならない。相手探しの1戦だ。次位は▲のテリトーリアル。禅僧から据え置きの56キロ。再度の内めの枠。前走フロック視は危険であり、再度の好走は可能だ。


1413121110987654321


















































































ST

※ST=スタンダードマーク



設定理論とは?

パチスロの必勝法は回収率の高い、いわゆる〝高設定〟の台に座ること。設定の見極めができればプラス収支は確実。競馬でいえば、設定の高いレースとは〝買いやすく儲けやすい〟レースのこと。レースの設定を的確に行い、高設定レースを選んで馬券を買えばプラス収支は現実的。設定理論とは馬券長者への道しるべである。


新時代予想印「スタンダードマーク」

効率的に馬券を買うためには、レースの全体像の把握が不可欠。旧態依然の相対評価ではなく、絶対的評価による印によって全体像を描き出す。


  • twitter
  • facebook
  • g+
  • line