協力:
  • Googleログイン
  • ログイン
  • 無料会員登録
  1. トップ
  2. TOP・無料コンテンツ
  3. マル秘次走注目馬
  4. 3/7・8開催の次走注目馬
  5. RSSフィード ツイッター YouTube はてなブックマーク

競馬予想

マル秘次走注目馬

2020年03月11日(水)更新

【次走注目】舘林勲特別監修

中山

土曜

7R 3歳1勝クラス(芝1600m)
次走注目:カトゥルスフェリス
(2人気4着)
細くは映らなかったが休み明けで意外にもマイナス体重。しかも、新潟芝1800m→中山芝1600mとまったく毛色の違うコースで初戦とは5F通過が4.0秒ほども違うペースだった。加えて、4角では内から張ってきた馬と接触のシーンもあったが、最後はしっかり脚を伸ばして0.4秒差の4着と十分に及第点を与えられる走りを見せている。初戦の勝ちっぷりからしても1勝クラスでは上位の能力を持っていることが確かで、ひと叩きされた次走は順当にチャンスが巡ってきそうだ。



日曜

8R 4歳上1勝クラス(芝2000m)
次走注目:ドリームインパクト
(3人気6着)
最終追いでは坂路4F51.7秒-37.6秒―12.1秒としっかり動けていたが、5ヵ月ぶりの実戦でやや余裕ある体つき。8分程度の仕上がり状態と映った。5F通過64.7秒の遅い流れでも変に掛かる様子は見られず馬群内で上手な走りができ、先行有利な状況でも無理せずに直線は外へと誘導する次戦以降を睨んだ競馬内容。さすがにスパッとは切れなかったがジワジワ脚を伸ばしていい形の競馬ができた点が高く評価できる。渋めの馬場、キャリアを考えても次戦でのジャンプアップが期待できる。

中京

土曜

12R 刈谷特別(芝1600m)
次走注目:ショウナンサスケ
(6人気2着)
先行2頭がグイグイ引っ張って5F通過は57.0秒。この時期の現クラス戦としては厳しく、実力を問われる展開になった。そのため、いつもよりは後ろ目からの競馬となったが馬群内で上手に脚を溜められ、直線では馬間を割って伸び脚を発揮。最後は現クラスの勝ち上がりに王手状態だった人気馬に差し込まれたが走破タイム1.33.8秒の2着は立派な内容と言える。元々、このクラスで再三の上位争いを演じていた力量馬。長期休養明け2戦目で完全復調をうかがわせる走りを見せ、久々Vに向けて視界は良好。

  • twitter
  • facebook
  • g+
  • line