協力:
  • Googleログイン
  • ログイン
  • 無料会員登録
  1. トップ
  2. TOP・無料コンテンツ
  3. 境和樹:穴馬券ネオメソッド
  4. 高松宮記念・境和樹の血統競馬予想
  5. RSSフィード ツイッター YouTube はてなブックマーク

競馬予想

境和樹:穴馬券ネオメソッド

2020年03月28日(土)更新

高松宮記念・境和樹の血統競馬予想

▼動画で解説!▼
[高松宮記念攻略ポイント]







【中京11R高松宮記念】
(芝1200m 15:40発走)


sakai

米国血統とアドマイヤムーン産駒に注目したい高松宮記念。

sakai


特にBコース施行となった16年以降、顕著になっている米国血統重視の傾向。

昨年の勝ち馬ミスターメロディは、父スキャットダディがストームキャット系で、現役時代に米国GⅠ勝ちのあった馬。母父デピュティミニスターも、やはり米国ダートGⅠ血統。ミスターメロディ自身も、デビュー戦、500万クラス(当時の表記)とダート戦で2勝を挙げていました。

一昨年10人気で3着したナックビーナスは、母父モアザンレディが、キングスビショップS(ダ1400)勝ち馬。種牡馬としても、ブリーダーズCスプリント連覇のロイエイチなど、米国ダートGⅠ馬を数多く輩出しています。

その米国血統と並び、高松宮記念の御用達血統として極めて重要な位置を占めるのが、アドマイヤムーン

sakai


中京新設後の高松宮記念で2頭の勝ち馬を輩出しているほか、繰り返し人気薄を激走させているアドマイヤムーン産駒。
同一馬の複数回好走があるにせよ、その総合成績は【2-2-1-4/9】勝率22.2%、連対率44.4%、複勝率55.6%。単回率157%、複回率488%と抜群の成績を残しています。

米国血統とアドマイヤムーン。これが高松宮記念の重要血統。今年の候補馬は以下の通り。

⑧グランアレグリア
(母父タピット)

⑫セイウンコウセイ
(父アドマイヤムーン)

⑭モズアスコット
(母父ヘネシー)

⑮ナックビーナス
(母父モアザンレディ)

⑯モズスーパーフレア
(父スパイツタウン)

⑰シヴァージ
(父ファーストサムライ)

今年は⑰シヴァージに◎。

父ファーストサムライは、現役時代に米国ダートGⅠを2勝しているストームキャット系の種牡馬。近年の流行りである米国血統保持馬という要件を満たします。母父インディアンチャーリーもサンタアニタダービーの勝ち馬です。

米国血統で組成され、自身にダート実績もあるという点では、昨年のミスターメロディと似たタイプ。

芝に転戦して3戦を消化、内有利の馬場設定の中、外々を回らされた阪神カップ、3角で鞍上がバランスを崩すほどの致命的不利があった淀短距離Sを経て、豪快な差し切り勝ちを決めた前走で芝適性をハッキリ証明。道悪も問題なくこなせるタイプ。一発の魅力に溢れた存在と見ています。





【出馬表・オッズはこちら】

境和樹が厳選勝負レースを公開中!
「競馬成駿」はコチラ!


境和樹

SAKAI KAZUKI

立教大学部法学部卒。東スポや競馬の天才で人気上昇中の血統予想家。血統傾向からレースの適性を探る。

  • twitter
  • facebook
  • g+
  • line