協力:
  • Googleログイン
  • ログイン
  • 無料会員登録
  1. トップ
  2. TOP・無料コンテンツ
  3. 境和樹:穴馬券ネオメソッド
  4. マーチステークス・境和樹の血統競馬予想
  5. RSSフィード ツイッター YouTube はてなブックマーク

競馬予想

境和樹:穴馬券ネオメソッド

2020年03月31日(火)更新

マーチステークス・境和樹の血統競馬予想

【中山11Rマーチステークス】
(ダ1800m 15:40発走)


sakai

ここ3年、続けて人気薄が穴を開けているマーチSのボールドルーラー系

sakai


かつてはロベルト系が圧倒的な支配力を誇示していたレースで、昨年がシンボリクリスエス産駒の8人気サトノティターンの勝利。
そろそろ復活の可能性も感じるところではありますが、そのサトノティターンは母父がデピュティミニスター。11人気2着ロンドンタウンも母父オナーアンドグローリーも米国ダートGⅠ馬ですから、大枠としての米国血統重視の流れを優先すべきところ。

中でも、ボールドルーラー系保持馬は、昨年、一昨年がともに唯一の該当馬による好走。17年も僅か2頭しかいない該当馬のうち、1頭が二桁人気で勝利。
過去5年で父か母父にボールドルーラーの血を持っていた馬は、全部で5頭のみ。そのうち、3頭が人気薄で激走しているところに、高いレース適性が証明されています。

今年も米国血統、特にボールドルーラー系保持馬に注目。

⑬アシャカトブは、ボールドルーラー系シニスターミニスター産駒で血統テーマをクリアする存在。

相手は一気に強くなりますが、コース適性の高さは折り紙付きの存在。ハンデ戦で54キロで血統適性のあるレースなら一発あっても何ら不思議はありません。





【出馬表・オッズはこちら】

境和樹が厳選勝負レースを公開中!
「競馬成駿」はコチラ!


境和樹

SAKAI KAZUKI

立教大学部法学部卒。東スポや競馬の天才で人気上昇中の血統予想家。血統傾向からレースの適性を探る。

  • twitter
  • facebook
  • g+
  • line