協力:
  • Googleログイン
  • ログイン
  • 無料会員登録
  1. トップ
  2. TOP・無料コンテンツ
  3. 今川秀樹 黒字収支への投資
  4. 大阪杯ラップ分析 持続力タイプ重視でワグネリアン
  5. RSSフィード ツイッター YouTube はてなブックマーク

競馬予想

今川秀樹 黒字収支への投資

2020年04月04日(土)更新

大阪杯ラップ分析 持続力タイプ重視でワグネリアン

【阪神11R 大阪杯(GⅠ)】
(芝2000m 15:40発走)


過去10年の前半5Fと後半5Fの平均ラップが「61.1-59.1秒」とかなり後傾寄りのラップ構成となっている大阪杯。フルゲートで行われたのが一昨年のみである事、GⅠ昇格から3年しか経過していない事などを考慮すると当然と言えば当然だが、それでも前半が後半より速くなったのは不良馬場で行われた2015年のみ。1コーナーまでの距離が325mと短いためテンが速くなりにくく、そのままコーナーに突入するため、前半は緩やかなペースになりがちだ。

今年はコレといった逃げタイプが不在。①ロードマイウェイはゲート五分ならば主導権を握りそうだが、近2走偶数枠で出遅れているのがネック。鞍上の武豊騎手がペースを握るのと握らないのではレースが大分変化しそうだが、基本的は後傾持続戦と考えたい。阪神の芝は今週からBコース替り。道中で外々を回る馬は距離ロスが堪える可能性が高く、内枠から道中をロスなく立ち回り、持続力を生かせるタイプを重視。

狙いは④ワグネリアン。昨秋の天皇賞秋は外枠から1角を含めて道中のロスが大きく、ジャパンCも1、2着馬とは通ったコースの差が出た印象。スタートが上手になった今ならば、4番枠を生かして理想的な位置を取れそうだ。元々末脚の持続力で勝負する馬でこのレース向き。差し切りに期待。


【出馬表・オッズはこちら】

(4月5(日)付、東京スポーツ掲載分)

※なお、当コラムは金曜午前段階で執筆されたものです。当日の馬場傾向を踏まえた上での最終結論◎◯▲は『競馬成駿』にてご確認ください!

今川秀樹が厳選勝負レースを公開中!
「競馬成駿」はコチラ!


今川秀樹

IMAGAWA HIDEKI

ラップ理論のパイオニア・上田琢巳も唸る分析力を誇る、競馬JAPAN発の若手予想家・今川秀樹。6年連続で年間黒字収支を達成している男が、「配当面からも期待値の大きい馬」に狙いを定め、本当に買う価値のある◎本命馬をお届けする。

  • twitter
  • facebook
  • g+
  • line