協力:
  • Googleログイン
  • ログイン
  • 無料会員登録
  1. トップ
  2. TOP・無料コンテンツ
  3. 馬券設定理論
  4. "3強"の1番手に取るべき馬とは・・・
  5. RSSフィード ツイッター YouTube はてなブックマーク

競馬予想

馬券設定理論

2020年04月19日(日)更新

"3強"の1番手に取るべき馬とは・・・

⇒はじめての方はコチラ「設定理論」とは?


中山11R 皐月賞

馬場状態が良~稍重との前提とすれば、当舞台のGⅠで圧勝を決めた◎コントレイルが鉄板級だ。当時と同じく内枠。調教も良好であり、軸としての信頼度は高い。次位は▲のサトノフラッグとサリオス。ともに連勝中であり、前者は当舞台のGⅡで圧勝とコース適性は◎に優るとも劣らない。後者は3戦すべて圧勝。距離延長を克服できれば◎を逆転も。


181716151413121110987654321











































































































ST

※ST=スタンダードマーク


阪神11R アンタレスS

ダート転向後、2戦2着2回の◎クリンチャーが鉄板級。今回は斤量が軽くなる上、2走前2着の阪神替わりも追い風。追い込みタイプながら堅実な末脚から軸として不動。相手探しの1戦。次位は▲の3頭。この中ではウェスタールンドの実績が最右翼だが、追い込み一辺倒タイプだけに成績はムラ。それなら進境著しいロードゴラッソのほうが手堅かろう。


16151413121110987654321













































































































ST

※ST=スタンダードマーク


福島11R  福島民報杯

能力差を平板化するハンデ戦。設定は低い。とはいえ、2走前の中山金杯で2着した〇ウインイクシードが最上位評価。前走は距離が長かっただけ。コース替わりはむしろ歓迎。崩れるシーンは考えにくい。次位は▲のゴーフォザサミットとマイネルサーパス。前者は近2走で僅差の競馬。そろそろチャンスも。後者は福島2戦2連対。巻き返して何ら不思議はない。


16151413121110987654321














































































































ST

※ST=スタンダードマーク



設定理論とは?

パチスロの必勝法は回収率の高い、いわゆる〝高設定〟の台に座ること。設定の見極めができればプラス収支は確実。競馬でいえば、設定の高いレースとは〝買いやすく儲けやすい〟レースのこと。レースの設定を的確に行い、高設定レースを選んで馬券を買えばプラス収支は現実的。設定理論とは馬券長者への道しるべである。


新時代予想印「スタンダードマーク」

効率的に馬券を買うためには、レースの全体像の把握が不可欠。旧態依然の相対評価ではなく、絶対的評価による印によって全体像を描き出す。


  • twitter
  • facebook
  • g+
  • line