協力:
  • Googleログイン
  • ログイン
  • 無料会員登録
  1. トップ
  2. TOP・無料コンテンツ
  3. 馬券設定理論
  4. 東西ダブル重賞はともに高設定!
  5. RSSフィード ツイッター YouTube はてなブックマーク

競馬予想

馬券設定理論

2020年04月26日(日)更新

東西ダブル重賞はともに高設定!

⇒はじめての方はコチラ「設定理論」とは?


東京11R  フローラS

最上位評価は牡馬相手の重賞で2着した〇スカイグルーヴ。当舞台で新馬圧勝を決めており、コース替わりはプラス。手薄な先行勢からも押し切りの公算大。相手選びの1戦。次位は▲のウインマリリンとレッドルレーヴ。前者はレースセンスの高さは強みであり、好枠を引き当てたツキも見逃せない。後者はレースぶりは堅実。今回も崩れるシーンは考えにくい。


1716151413121110987654321












































































































ST

※ST=スタンダードマーク


京都11R  マイラーズC

最上位評価はマイルGⅠ2勝の〇インディチャンプ。昨年4着とはいえ、今年のほうが前走からの間隔が短く、折り合いが付けやすい最内枠も追い風だ。ここでは実績が抜けている。次位は▲のヴァンドギャルドとシフィアーノロマーノ。前走は重賞3着の実績の持ち主、後者は斤2走連続して2着。基本的にはこれら3頭の首位争いだが、続く☆3頭の食い込みに要警戒だ。


121110987654321
















































































ST

※ST=スタンダードマーク


福島11R  やまびこステークス

◎〇不在の低調戦。最上位評価は▲のイッツクール。2走前で2着しているように現級上位の戦力の持ち主であり、テンに置かれるタイプではないだけに初の1150mにも対応できる公算大。軸とするならこの馬だろう。次位は☆のメイプルグレイト。5歳馬ながら底を見せておらず、当コース向きの先行力は十分。▲を逆転も可能。ただし。続く△4頭の食い込みに要警戒だ。


1413121110987654321





















































































ST

※ST=スタンダードマーク



設定理論とは?

パチスロの必勝法は回収率の高い、いわゆる〝高設定〟の台に座ること。設定の見極めができればプラス収支は確実。競馬でいえば、設定の高いレースとは〝買いやすく儲けやすい〟レースのこと。レースの設定を的確に行い、高設定レースを選んで馬券を買えばプラス収支は現実的。設定理論とは馬券長者への道しるべである。


新時代予想印「スタンダードマーク」

効率的に馬券を買うためには、レースの全体像の把握が不可欠。旧態依然の相対評価ではなく、絶対的評価による印によって全体像を描き出す。


  • twitter
  • facebook
  • g+
  • line