協力:
  • Googleログイン
  • ログイン
  • 無料会員登録
  1. トップ
  2. TOP・無料コンテンツ
  3. 舘林勲:重賞有力馬ジャッジ
  4. ユーキャン・ミッキーよりも狙い頃の穴馬候補!
  5. RSSフィード ツイッター YouTube はてなブックマーク

競馬予想

舘林勲:重賞有力馬ジャッジ

2020年04月29日(水)更新

ユーキャン・ミッキーよりも狙い頃の穴馬候補!


天皇賞(春)2020出走馬①
フィエールマン

向かない馬場状態となった凱旋門賞で大敗を喫したが、調整が難しかった有馬記念では4着とGⅠ馬の底力を示す走り。一昨年の菊花賞、昨年のこのレースでは上がり3ハロン33.9秒、34.5秒と典型的な現代版・長距離戦に強い鋭い末脚を駆使できている。京都の長距離GⅠで2戦2勝の実績があり、休み明けがマイナス材料とならないことも3歳時に実証している。余程の乱ペース、決着時計が超速にならない限りはウィークポイントが少ない。



天皇賞(春)2020出走馬②
ユーキャンスマイル

一昨年の菊花賞でフィエールマンと0.3秒差。昨年の春天では1.5秒も離されたが、新潟記念の好時計勝ちから昨秋は天皇賞→ジャパンCと王道を歩んで掲示板に名を連ねたように着実なる地力アップを遂げている。前走の阪神大賞典では右回りで初となる重賞制覇も飾っており、これは体力強化によってモタれる面が解消されてきた故の結果でもある。ただ、印象度としてはやはり左回りの方が強さ、凄味を感じさせる。右回りのGⅠでどうか。


天皇賞(春)2020出走馬③
ミッキースワロー

右回り重賞で3勝の実績。昨年後半は堅実に掲示板を確保する走りを見せている。ただ、過去の京都2戦は着順よりは内容あるレースをしているものの結果は5、6着。勝ち星すべてが中山、福島に限られている点は気になる材料。加えて、いい意味でも悪い意味でも相手なりの印象が強く、ここで一世一代の走りをするような爆発タイプとは映らない。体調自体は前回時よりも良化しているが。


天皇賞(春)2020出走馬④
モズベッロ

体質、気性面に幼さがあって安定感を欠く戦績ながら、昨秋以降に充実一途。日経新春杯ではハンデ52キロを生かして格上挑戦で重賞初制覇。続く日経賞でも不利を受けながら2着と中長距離で重賞通用レベルの力量馬へと成長している。今回は初の3000m超レースとなるが近走で折り合い面に不安を見せておらず十分にこなせそう。大駆けの魅力を秘める1頭と言える。


天皇賞(春)2020出走馬⑤
トーセンカンビーナ

人気先行タイプで、2~3歳の春シーズンは脚を使いながらも勝ち切れない競馬が続いていた。が、昨秋以降は5戦すべてで上がり最速を記録して3勝をマーク。前走の阪神大賞典では距離3000mをこなした点も注目できる。京都外回り戦も2戦2勝、勝ち味に遅かったこともこの距離での台頭を予感させる。


  • twitter
  • facebook
  • g+
  • line