協力:
  • Googleログイン
  • ログイン
  • 無料会員登録
  1. トップ
  2. TOP・無料コンテンツ
  3. 境和樹:穴馬券ネオメソッド
  4. 京都3200mで真価発揮!
  5. RSSフィード ツイッター YouTube はてなブックマーク

競馬予想

境和樹:穴馬券ネオメソッド

2020年05月02日(土)更新

京都3200mで真価発揮!



【京都11R天皇賞春】
(芝3200m 15:40発走)


sakai

天皇賞・春といえば、トニービン内包馬が強いレース。

sakai


筆頭格はトニービン系サンデーのハーツクライ。過去、【0-5-3-15/23】。勝ち馬こそ出していませんが、連対率21.7%、複勝率34.8%。複数回好走馬を含み4頭の馬が馬券圏内に入っており、二桁人気で2度の波乱を演出。
昨年は該当馬が揃って凡走に終わりましたが、やはり天皇賞・春の要注目血統であることは疑いないと言っていいでしょう。

sakai


ハーツクライ産駒ほどではありませんが、トニービン内包種牡馬は、他にも14人気1着と大穴を開けたビートブラックなど勝ち馬2頭を輩出。

長丁場に強いスタミナと、ゴール前で苦しくなったところで踏ん張る底力がトニービンの武器。芝3200のマラソンレースで、その個性が如何なく発揮されるという構図。

今年もトニービンの血に注目して候補馬をピックアップ。

④ダンビュライト
(父ルーラーシップ)

⑤ミッキースワロー
(母父ジャングルポケット)

⑧キセキ
(父ルーラーシップ)

④ダンビュライトは、父母父にトニービンを内包して血統テーマをクリアする存在。

母母父にはネヴァーベンド系リヴァーマン、このリヴァーマンは凱旋門賞馬を2頭輩出するなどスタミナに秀でた血統。距離延長で秘める才能を開花させる可能性を示唆します。

京都記念勝ちを含み、【1-1-1-1】と京都コースに抜群の適性を誇る馬であり、馬場悪化にも対応可能。勝ち切る決め手には欠けますが、2~3着争いなら十分チャンスがあると考えます。





【出馬表・オッズはこちら】

境和樹が厳選勝負レースを公開中!
「競馬成駿」はコチラ!


境和樹

SAKAI KAZUKI

立教大学部法学部卒。東スポや競馬の天才で人気上昇中の血統予想家。血統傾向からレースの適性を探る。

  • twitter
  • facebook
  • g+
  • line