協力:
  • Googleログイン
  • ログイン
  • 無料会員登録
  1. トップ
  2. TOP・無料コンテンツ
  3. マル秘次走注目馬
  4. 5/2・3開催の次走注目馬
  5. RSSフィード ツイッター YouTube はてなブックマーク

競馬予想

マル秘次走注目馬

2020年05月06日(水)更新

【次走注目】舘林勲特別監修

東京

土曜

9R 秩父特別(芝1600m)
次走注目:パルマリア
(2人気2着)
頭数が少なく強力先行型も不在の組み合わせ。3F通過36.1秒→5F59.0秒と予想通りのスローペースとなってしまった。勝ち馬が2番手から上がり33.2秒でまとめたことを考えると、本体は詰め寄るのさえも厳しいレース展開だったと言える。そんな状況の中、この馬は何と上がり32.7秒の鋭脚を使ってクビ差にまで迫る惜しい2着。まだ体調面も上積みが見込めるレベルということなら現クラスの勝ち上がり機会は確実にやって来る。



日曜

4R 3歳未勝利(芝1600m)
次走注目:サクラアスター
(8人気11着)
体質が弱くてデビューが遅れたように、まだ緩さが残る仕上がり状態。スタートが遅かったのは仕方ないことだろう。それでも道中ではペースが遅いと言いた気な行きっぷりを見せていた。また、直線では他馬のさばきにかなり手間取り、外に出して追い出す態勢に入れたのはラスト1Fのみ。ここからは良さが光る好フットワークで脚勢目立つ伸び脚を繰り出せていた。今回の上位馬のレベルも高めで、一応は自身も上がり33.4秒をマーク。馬体を減らさずに順調に使えるようなら大きなジャンプアップが期待できる。




京都

土曜

3R 3歳未勝利(芝1400m)
次走注目:ポピュリズム
(6人気2着)
初出走馬が多い組み合わせで競馬はしやすかったかもしれないが、後方内で前3F35.4秒、後34.6秒という流れの中で唯一、上がり33秒台の脚を駆使しての2着。現レベルとしては上位入線の経験を持つ馬が多いメンバー構成でこの戦いができたことは素直に高く評価すべきだ。ここ2週の追い切り時計がともに水準以上だったことからも勝ち上がりに十分な脚力を持つ存在と認定でき、次走で初勝利のチャンスが巡ってきそう。

  • twitter
  • facebook
  • g+
  • line