協力:
  • Googleログイン
  • ログイン
  • 無料会員登録
  1. トップ
  2. TOP・無料コンテンツ
  3. 舘林勲:重賞有力馬ジャッジ
  4. レシステンシアの不安材料と地味戦績も急浮上穴馬
  5. RSSフィード ツイッター YouTube はてなブックマーク

競馬予想

舘林勲:重賞有力馬ジャッジ

2020年05月06日(水)更新

レシステンシアの不安材料と地味戦績も急浮上穴馬


NHKマイルC2020出走馬①
レシステンシア

今年2戦でミソをつけた格好だが、桜花賞は悪馬場の中でも好位から上手なレース運びを見せて0.2秒差の2着。2歳女王の力量、意地を十二分に示す走りだった。阪神JFが自らで速いペースを作って1.32.7秒のレコードV。速い決着が濃厚な馬場は大歓迎と言える。が、その一方で少々ペースが厳しくても速い上がり脚を使える馬が出てくるのが直線長い東京コース。スロー逃げでアッサリ切れ負けを喫したチューリップ賞の内容が気になる材料ではある。



NHKマイルC2020出走馬②
ルフトシュトロ-ム

一戦毎に時計を詰めて中山マイルで3連勝。前走のニュージーランドTは3ハロン通過34.2秒→5ハロン57.6秒→1.33.0秒と初めて経験する厳しい流れであったが、4角では他馬を弾き飛ばしながらの末脚発揮と浅いキャリアが気にならない頼もしい勝ち方を演じている。前2戦とは違う形で重賞制覇を果たしていることから東京替わりも不安とは映らない。カギとなるのは乗り出しが遅れた中間調整か。


NHKマイルC2020出走馬③
サトノインプレッサ

デビューから3連勝で重賞制覇の好素材。毎日杯では馬任せのレース運びに徹し、直線では寄られて進路が塞がる形になりながら、ラスト1ハロンで前が開けると一瞬で突き抜けてきた。着差は0.1秒でも完全に他馬を見下したレース内容で際立つ強さ、能力を見せつけた。ここまでの3戦がすべて渋い馬場で速い時計への対応力が残された課題となるが、一瞬の速さを見せているディープ産駒。コース、馬場替わりがマイナス材料になるとは思えない。


NHKマイルC2020出走馬④
タイセイビジョン

ここまで5戦5連対。朝日杯FSでサリオスの2着、アーリントンCを完勝と本来は上位の扱いを受けて不思議ない戦績を残している。脚質的には後方寄りだが、速い馬場、遅い馬場、1200~1600mでしっかりと結果を出していることは高い地力の証明。東京経験もあり、今回も大きく崩れる可能性は少ないタイプと考えられる。


NHKマイルC2020出走馬⑤
ウイングレイテスト

6戦1勝と地味な戦績ながら、ニュージーランドTで3着。それも4角で大外に弾き飛ばされるシーンがあっての0.1秒差と戦績以上の能力を秘めていることをアピールした。過去に速い上がりタイムを計時してないが、有力どころの中で1週前の動きが最もよかったのはこれ。体調面の上昇度に注目するなら大きく浮上してくる。


  • twitter
  • facebook
  • g+
  • line