協力:
  • Googleログイン
  • ログイン
  • 無料会員登録
  1. トップ
  2. TOP・無料コンテンツ
  3. 2歳戦THE青田買い
  4. 5/10山田乗男の3歳戦青田買い
  5. RSSフィード ツイッター YouTube はてなブックマーク

競馬予想

2歳戦THE青田買い

2020年05月09日(土)更新

3歳マイル王決定戦!波乱の立役者は...?

【東京11R NHKマイルC】

◎④プリンスリターン


○③レシステンシア
▲②タイセイビジョン
△⑭ルフトシュトローム
△⑰サトノインプレッサ
△⑱ウイングレイテスト
△⑥ギルデッドミラー
△⑨ラインベック

【出馬表・オッズはこちら】




ここ8年で、3連単の配当が10万円を超えたことが6回、うち1回は100万馬券と波乱傾向の強いNHKマイルC。特に近3年の上位3頭は、全て前走負けた馬(1着以外)なのだから荒れて当然である。今年も人気上位馬にそれぞれ不安点があり、波乱の雰囲気は高まっている。


そこで④プリンスリターンから入る。前走のアーリントンCは積極策に出たが、稍重馬場なのにスタート1F過ぎから10秒台ラップを2F連続で刻んでしまうハイペース。おかげで折り合い難のある1、2着馬をはじめ、差し馬勢を助けてしまう結果を導いたが、それでも自身は3着入線。しかも抜け出してソラを使っていたというのだから、内容的には着順以上の評価ができる。もともと賞金もあったのでアーリントンCが勝負とは思えず、NHKマイルCへ向け上積みもあり。時計の出る今の東京なら、4番枠も大きな武器になる。同コースの安田記念を勝った父ストロングリターンから、血統的な後押しも期待していい。昨年のカテドラル(アーリントンC2着)、2年前のレッドヴェイロン(アーリントンC3着)とアーリントンC好走組が、ここ2年当レースで穴を開けている。ともにNHKマイルCは3着だが、プリンスリターンには何とか連対を果たしてほしいところだ。


相手筆頭は③レシステンシア。能力を出し切れば楽勝だろう。ただタフな桜花賞の反動、長距離輸送と不安がある中の上位人気で、本命にはできなかった。④タイセイビジョンは内枠がカギになる。




[馬連]
3-4(30%)
2-4(20%)
4-14(10%)
4-17(10%)
4-18(10%)
4-6(10%)
4-9(10%)

[3連単]
1着 4
2着 3,2,14,17,18,6,9
3着 3,2,14,17,18,6,9
(フォーメーション42点)

1着 3,2,14,17,18,6,9
2着 4
3着 3,2,14,17,18,6,9
(フォーメーション42点)


山田乗男

YAMADA NORIO

某著名雑誌で長年POGコーナーを担当する2(3)歳馬情報のスペシャリストが、1日で最も信頼できるとっておきの新馬情報を大暴露!!時には危なすぎる情報も!?

  • twitter
  • facebook
  • g+
  • line