協力:
  • Googleログイン
  • ログイン
  • 無料会員登録
  1. トップ
  2. TOP・無料コンテンツ
  3. マル秘次走注目馬
  4. 5/16・17開催の次走注目馬
  5. RSSフィード ツイッター YouTube はてなブックマーク

競馬予想

マル秘次走注目馬

2020年05月20日(水)更新

【次走注目】舘林勲特別監修

東京

土曜

10R 湘南S(芝1600m)
次走注目:ヴィッテルスバッハ
(4人気7着)
この日は雨の影響を受けている馬場との声が多かったが、時計面の落ち込みはほとんど見られず、ペースが遅くて前内有利となる競馬が数多く見られた。このレースも前半47.6秒→後半45.6秒と先行勢が楽な流れ。しかも、稍重発表ながら上がり3Fは11.2秒→11.1秒→11.7秒と追い込みが利き難い展開だった。この中で外を回らざるを得なかった馬が上位に浮上、接近できなかったのは仕方ないこと。自身、上がり33.3秒を記録しているのだから、必要以上に能力評価を下げるべき敗戦ではないと考える。



日曜

11R ヴィクトリアマイル(芝1600m)
次走注目:ラヴズオンリーユー
(3人気7着)
勝ち馬があまりに強過ぎて1.2秒離される7着という結果に終わったが、昨秋のエリザベス女王杯が中間に一頓挫あって3着。今回もドバイWCデーが中止となり、予定変更を強いられての出走。これを難なく克服した勝ち馬と比較するなら、まだまだ馬体が未完成の現状で半年ぶり。しかも、2歳時以来のマイル戦だったことを考えれば2着争いグループから離されることなく1分31秒台で走破できたことは高い能力の証し。この距離でも十分に戦えるとも思うが、牝馬同士の中距離戦なら間違い主役を担える存在だ。




京都

土曜

1R 3歳未勝利(ダ1400m)
次走注目:タマモカガヤキ
(5人気5着)
新馬以来の実戦で初めてのダート競馬だったが、3F通過34.6秒で楽に先行できるスピードをしっかりと見せ、他馬が来たら2番手に下げて運べるセンスのよさも披露した。ゴール寸前で後続勢に一気に飲み込まれたが、4角を回って先頭に立ち、同型馬との叩き合いを制した内容は休み明けを考えれば十分。同時に、ゴール前で脚を伸ばしてきた2~4着馬もこの条件で掲示板に来れている馬ばかり。勝ち上がり走力を確実に持っており、次走にもチャンスが訪れそう。

  • twitter
  • facebook
  • g+
  • line