協力:
  • Googleログイン
  • ログイン
  • 無料会員登録
  1. トップ
  2. TOP・無料コンテンツ
  3. 今川秀樹 黒字収支への投資
  4. スローなら狙いは先行勢!ダノンプレミアムに白羽の矢
  5. RSSフィード ツイッター YouTube はてなブックマーク

競馬予想

今川秀樹 黒字収支への投資

2020年06月06日(土)更新

スローなら狙いは先行勢!ダノンプレミアムに白羽の矢

【東京11R 安田記念(GⅠ)】
(芝1600m 15:40発走)


東京の芝は先週時点では良好なコンディションだったが、土曜の夜から日曜昼にかけてまとまった雨が降る予報。さすがにパンパンの良馬場は見込めないだろう。ある程度渋った馬場に対応できる事が前提条件となりそうだ。

同馬主の①ダノンプレミアム、②ダノンキングリーをアシストしたい⑭ダノンスマッシュ、あるいはスプリント路線で安定した先行力を見せ、同厩舎の⑬ヴァンドギャルドをアシストしたい⑩ミスターメロディがハナ候補。⑫セイウンコウセイはマイルGⅠという事を考えると無理に競りかけないだろう。極端なハイペースとはならない見込み。

テンが34秒台と比較的緩めの入りとなった年は、先行馬が優勢。不良馬場の14年を除くと、道中10番手以降に控えた差し馬は18年の勝ち馬モズアスコット以外は1頭も馬券圏内に絡んでいない。中団より前で運び、東京の長い直線で持続ラップを押し切れるタイプを狙いたい。

狙いは①ダノンプレミアム。瞬発力に欠けるタイプだけに、馬場悪化は他馬のキレ味が殺されるという意味で相対的にプラスに捉えたい。前走のロンジンクイーンエリザベスSは、スローを超大外から押し上げるロスが響きラスト失速。内容は悪くなかった。ラチ沿いが回復してラストを体力勝負に持ち込めればチャンスありだ。


【出馬表・オッズはこちら】

(6月7(日)付、東京スポーツ掲載分)

※なお、当コラムは金曜午前段階で執筆されたものです。当日の馬場傾向を踏まえた上での最終結論◎◯▲は『競馬成駿』にてご確認ください!

今川秀樹が厳選勝負レースを公開中!
「競馬成駿」はコチラ!


今川秀樹

IMAGAWA HIDEKI

ラップ理論のパイオニア・上田琢巳も唸る分析力を誇る、競馬JAPAN発の若手予想家・今川秀樹。6年連続で年間黒字収支を達成している男が、「配当面からも期待値の大きい馬」に狙いを定め、本当に買う価値のある◎本命馬をお届けする。

  • twitter
  • facebook
  • g+
  • line