協力:
  • Googleログイン
  • ログイン
  • 無料会員登録
  1. トップ
  2. TOP・無料コンテンツ
  3. マル秘次走注目馬
  4. 6/6・7開催の次走注目馬
  5. RSSフィード ツイッター YouTube はてなブックマーク

競馬予想

マル秘次走注目馬

2020年06月10日(水)更新

【次走注目】舘林勲特別監修




東京

土曜

9R 国分寺特別(芝1800m)
次走注目:ディアセオリー
(3人気4着)
地味な血統ながらデビュー勝ち→札幌2歳ステークスのローテーションを陣営が組んだように、確かな走力を秘めている雰囲気を持っている存在。折り合いの難しさや速い脚に欠ける印象で成績が上がらなかったが、ここ2走はスムーズな競馬ができて速い馬場にも対応して見せた。
特に今回は、上がり3ハロン11.3秒→11.1秒→11.6秒と完全な前有利な展開だったが、外を回して上がり最速マークとようやく秘める脚力を発揮できるようになってきた印象がする。右回り、渋馬場も苦にするタイプでなく、これからの季節でもすぐにVチャンスが訪れそう。



日曜

10R 麦秋S(ダ1400m)
次走注目:シェパードボーイ
(5人気4着)
デビューから8戦、一貫してダ1800m戦を使われてきたが、除外や騎手の進言もあって初めてダ1400m戦に挑んだのが今回。この距離の常連馬に負けない好スタートを決め、脚をタメる形で位置を下げたが、3角からは上昇の構えを見せて直線へ。やや瞬発力に欠ける感じではあったが、ゴールが近づくにつれて伸び具合がよくなる脚を発揮して4着。昇級戦、初距離を考えれば十分な内容だったと言える。1800、戦の時よりもメリ張りある内容が認められ、今後は1400m~1600m戦でも注意が必要な存在だ。

阪神

日曜

12R 3歳上1勝クラス(ダ1400m)
次走注目:トレーンベアラー
(3人気9着)
やや間隔が空いていた影響かスタートダッシュがひと息。しかも、この日はいつも以上に砂が舞い上がる強い風。初めて砂をまともに被る格好になって本来の行き脚がつかなかった。直線でも伸びようとする姿勢、気持ちが感じられたが、パサパサな砂状態とマッチせずに地面を捉え切れてないような感じだった。ただ、未勝利戦で1分24秒台、5馬身差の完勝劇を演じているように1勝クラスでは上位の走力を持っていることも確か。砂被りにも慣れが見込める次走、ちょっとでもお湿りがある砂状態ならすぐに巻き返せる。

  • twitter
  • facebook
  • g+
  • line