協力:
  • Googleログイン
  • ログイン
  • 無料会員登録
  1. トップ
  2. TOP・無料コンテンツ
  3. 境和樹:穴馬券ネオメソッド
  4. ボールドルーラー系に注目!
  5. RSSフィード ツイッター YouTube はてなブックマーク

競馬予想

境和樹:穴馬券ネオメソッド

2020年06月19日(金)更新

ボールドルーラー系に注目!



【函館11R函館スプリントステークス】
(芝1200m 15:25発走)


sakai

昨年は禁止薬物の問題があって大量出走取消が発生、レース評価としては微妙な年になってしまった函館スプリントステークス。

その函館スプリントステークスの最重要血統は、ボールドルーラー系

sakai


昨年は該当馬が1頭もいなかったボールドルーラー系保持・内包馬ですが、一昨年は3人気の勝ち馬セイウンコウセイが母父に同系統のカポウティ。

一昨年は4人気2着キングハートがボールドルーラー系サンデーのオレハマッテルゼ産駒で、7人気3着エポワスがフェアリーキング×スルーピー(ボールドルーラー系)で組成されたファルブラヴ産駒。
さらに、勝ち馬ジューヌエコールも、母父はボールドルーラー系サンデーのアグネスタキオンでした。

該当馬がいなかった昨年にしても、5人気1着カイザーメランジェは母母母父がシアトルスルー、2人気2着アスターペガサスも母母母父にカポウティ、1人気3着タワーオブロンドンも、やはり母母母父にボールドルーラー系マスターダービー。
上位馬には、深いとはいえボールドルーラーの血が絡んでいました。


改めて、ボールドルーラー保持・内包馬に注目したい函館スプリントステークス。該当馬は

③エイティーンガール
(母父アグネスタキオン)

⑤ティーハーフ
(母母父ボウジーニアス)

⑨フィアーノロマーノ
(母母父ボウジーニアス)

⑪アリンナ
(父マツリダゴッホ)

③エイティーンガールは、母父にボールドルーラー系サンデーのアグネスタキオン。厳密に言うとボールドルーラー系内包にはあたりませんが、一昨年に勝ち馬ジューヌエコールを送り込んでいるということで、同程度の重要性があると判断します。

前走は休み明けで1本追い不足の分、ラストで伸びが鈍りましたが、今回は栗東と函館で十分に乗り込まれており態勢は万全。上積みは大きいはず。
先週の土日メインで行われた芝1200戦がそうだったように、ハイペースの前傾戦からイン差しが決まる流れを想定、ゴール前強襲に一票投じます。





【出馬表・オッズはこちら】

境和樹が厳選勝負レースを公開中!
「競馬成駿」はコチラ!


境和樹

SAKAI KAZUKI

立教大学部法学部卒。東スポや競馬の天才で人気上昇中の血統予想家。血統傾向からレースの適性を探る。

  • twitter
  • facebook
  • g+
  • line