協力:
  • Googleログイン
  • ログイン
  • 無料会員登録
  1. トップ
  2. TOP・無料コンテンツ
  3. マル秘次走注目馬
  4. 6/20・21開催の次走注目馬
  5. RSSフィード ツイッター YouTube はてなブックマーク

競馬予想

マル秘次走注目馬

2020年06月24日(水)更新

【次走注目】舘林勲特別監修




東京

土曜

8R 3歳上1勝クラス(ダ1600m)
次走注目:ヴェスティード
(8人気7着)
脚部不安で2年以上の休養を余儀なくされての復帰戦。プラス20キロでもそれほど太くは見せずに体形も崩れていなかったのが何より。実戦でも流れに乗っていけるスタートを決め、ポジションを確保していける二の脚も見せていた。加えて、4角ではしっかりと勝ちに行く姿勢の積極的な競馬を敢行。さすがにシュッとした脚を使うことはできなかったが、最後までバテずに走り切れていた内容は合格点がつけられる。デビュー戦で7馬身差の圧勝劇を飾った能力、坂路で4ハロン50秒台の脚力は1勝クラスなら上位。順調に使えればすぐに勝機が巡ってくる。



日曜

4R 3歳未勝利(ダ1600m)
次走注目:サイヤダンサー
(6人気4着)
骨折明けで半年ぶりの実戦。スタートのタイミングも合わずに離され気味の後方からの競馬となってしまった。3角から上昇を開始するも馬群密集で思ったほどのポジションアップを図れずに直線へ。ここでも一旦は外に進路を求めたが、出してもらえず内に進路を取り直しての追撃。結果、上位2頭からはやや離されたが、決してスムーズではなかったレース運びと上がり2位マークを考えれば十分な内容。勝ち上がり資格が認められる脚力を見せたと判断できる。

阪神

日曜

2R 3歳未勝利(芝2200m)
次走注目:ダノンレガーロ
(1人気4着)
デビューが大きく遅れたのが分かるような緩さ残る体つきで馬体重から受ける印象よりもモッタリした下見所の周回。それだけに経験馬相手の1番人気には驚かされたのが正直な感想。実際にゲートの出もダッシュもひと息で内回り戦の最後方から。どの程度の脚を使えるのかなあ、と見ていたが何とレース上がりを1.7秒も上回る末脚を駆使して4着にまで押し上げた。今後も調整には苦労するかもしれないが、何と言っても2億7000万の値がついた良血馬。人気先行で馬券的な妙味は薄いがすぐに勝ち上がれる能力は示したと言える。

  • twitter
  • facebook
  • g+
  • line