協力:
  • Googleログイン
  • ログイン
  • 無料会員登録
  1. トップ
  2. TOP・無料コンテンツ
  3. マル秘次走注目馬
  4. 6/27・28開催の次走注目馬
  5. RSSフィード ツイッター YouTube はてなブックマーク

競馬予想

マル秘次走注目馬

2020年07月01日(水)更新

【次走注目】舘林勲特別監修




東京

土曜

12R 3歳上1勝クラス(芝1600m)
次走注目:ツルネ
(1人気5着)
道中は馬場が悪い内目を通らされていたが、4角では手応え抜群。直線でどこを割って出るかといった感じだった。が、一旦は開いた進路に外の馬がモタれてきて狭くなり、結局は他馬と接触するハメに。態勢、進路を大きく立て直して脚を使い直したものの5着まで巻き返すのが精一杯だった。
明らかに今回の敗戦はこの不利が応えたもので、デビューから3戦、連対外しなしで勝ち上がった能力に偽りがないことを示す走り。馬場状態を問わず、折り合いにも不安ないタイプで多少の距離延長にも対応可能。2勝目のチャンスはすぐにやって来る。



日曜

1R 3歳未勝利(ダ1600m)
次走注目:ラクンパルシータ
(8人気9着)
休み明けでプラス18キロ。数字ほど太くは映らなかったが、キャリア2戦で初めてのダート。スタート、ダッシュひと息で後方に置かれたのも仕方なかろう。しかも、水が浮くグチャグチャ馬場。終始、頭を上げ気味の走りで4角でも後方2番手と見せ場なく終わりそうな雰囲気だった。
しかし、そこからジワジワと脚を伸ばして上がりタイムは2位。決して速い脚がある感じではなかったが着実に差を詰めた点に砂適性が認められる。ダート良馬場でもう一度狙ってみたい存在だ。

阪神

土曜

7R 3歳上1勝クラス(ダ1800m)
次走注目:アルコレーヌ
(1人気1着)
前回に続いて2度目の1800m戦。楽な展開の2番手と理想的な流れになったのも事実だが、4角手前から直線にかけての仕掛けで後続をあっさりと突き放すと最後は手綱を抑えたままで7馬身差。1勝クラスでは能力がまったく違った。
馬場状態が微妙で時計比較が難しいが、同馬のVタイムは良発表で余力ありの1.52.2秒。翌日の重馬場となった2勝、3勝クラス戦がともに1分51秒台の決着。つまり、時計的にも上のクラスに劣らないもの。次走の昇級戦でも互角以上の勝負が望める。

  • twitter
  • facebook
  • g+
  • line