協力:
  • Googleログイン
  • ログイン
  • 無料会員登録
  1. トップ
  2. TOP・無料コンテンツ
  3. 境和樹:穴馬券ネオメソッド
  4. 高配当直結!七夕賞の超大穴血統
  5. RSSフィード ツイッター YouTube はてなブックマーク

競馬予想

境和樹:穴馬券ネオメソッド

2020年07月11日(土)更新

高配当直結!七夕賞の超大穴血統



【福島11R七夕賞】
(芝2000m 15:45発走)


sakai

七夕賞における重要血統は、ダンチヒ系クロフネ

sakai


まずはダンチヒ系。昨年は該当馬が揃って凡走に終わりましたが、一昨年は同系統のハービンジャーを父に持つマイネルサージュが2着。17年は同系統保持・内包馬が1~3着を独占。

特に、開催2週目の施行になってから勢力を拡大しているところがポイントで、昨年の結果だけで見限るのは早計かなと思います。

sakai


一方、これまで二桁人気馬を3頭馬券にしているクロフネ保持馬にも要注意。

一昨年、11人気でアッと言わせたメドウラークが母父クロフネ。
15年、16年と二桁人気で3着と高配当の片棒を担いだオリオンザジャパン、マデイラはともに父クロフネという共通項がありました。

過去、七夕賞に出走したクロフネ保持馬はのべ5頭。そのうち3頭がいずれも二桁人気で激走しているわけですから、その血統適性を認めないわけにはいかないでしょう。

ダンチヒ系保持・内包馬とクロフネ保持馬に注目したい七夕賞。今年の該当馬は

①バレリオ
(母父クロフネ)

④パッシングスルー
(母父クロフネ)

⑩ソールインパクト
(母父イクスチェンジレート)

⑪ヒンドゥタイムズ
(父ハービンジャー)

④パッシングスルーは、七夕賞の穴血統であるクロフネを母父に保持。

かつては紫苑Sで、ただいま牝馬限定重賞連勝中のフェアリーポルカ、そしてGⅠ2着3回のカレンブーケドールを完封している実績。
七夕賞では、14年10人気2着ニューダイナスティ、16年11人気3着オリオンザジャパン、18年12人気3着パワーポケットと、前走ダート組が立て続けに大穴を開けており、その意味でも穴の資格十分です。





【出馬表・オッズはこちら】

境和樹が厳選勝負レースを公開中!
「競馬成駿」はコチラ!


境和樹

SAKAI KAZUKI

立教大学部法学部卒。東スポや競馬の天才で人気上昇中の血統予想家。血統傾向からレースの適性を探る。

  • twitter
  • facebook
  • g+
  • line