協力:
  • Googleログイン
  • ログイン
  • 無料会員登録
  1. トップ
  2. TOP・無料コンテンツ
  3. マル秘次走注目馬
  4. 7/18・19開催の次走注目馬
  5. RSSフィード ツイッター YouTube はてなブックマーク

競馬予想

マル秘次走注目馬

2020年07月22日(水)更新

【次走注目】舘林勲特別監修




福島

土曜

11R 阿武隈S(芝2000m)
次走注目:シングフォーユー
(3人気5着)
内目の枠だったこともありスタート後に、馬場の荒れている部分で脚を取られるシーン。ここで無理をさせなかったために思いのほかポジションが後ろになってしまった。加えて、向正面でも本来の行きっぷりがなかった。それを考えると、開催最終週の稍重馬場が想像以上に応えていた印象もする。
その状況の中で苦労しながら4角で大外に進路を取り、上がり最速タイをマークしての0.2秒差は3勝クラス通用の能力の証し。元来、どんな競馬もできるタイプであるが良馬場、左回りの淡々とした流れがベストでV機はすぐに来る。

阪神

日曜

9R 神鍋特別(ダ1400m)
次走注目:ガルヴィハーラ
(4人気13着)
2歳暮れの全日本2歳優駿(3着)以来、1年7ヵ月ぶりの実戦。さすがに即結果を残すことはできなかったが、大きな戸惑いなく追走でき、3角からは自らハミを取ってヤル気を感じさせる走りっぷり。直線では何度か他馬と進路を奪い合うような格好にもなったが、闘志が失せることなくしっかり脚を使おうとする姿勢が十二分に感じられた。
着順ほど走り自体は悪くなく、中間の稽古で見せていた走りから確かな能力を秘めているのも事実。今後、順調に使えるようならすぐにV奪取シーンが見られそうだ。

函館

日曜

4R 3歳未勝利(ダ1700m)
次走注目:ハギノリュクス
(5人気1着)
芝5戦で掲示板の経験もなかったが、ここまで変わるか! というほどの変わり身をダートで見せた。初砂で影響ないハナに行けたことも大きかったとは思うが、3~4角からは後続を引き離すばかり。勝ちタイムは同日2勝クラス戦を上回るばかりか、1週前のOP・マリーンSと同タイムというのだから驚きの一語。
ラップタイムを比較してみると、マリーンが1100m通過65.6秒→上がり3ハロン38.0秒に対し、同レースが66.4秒→37.2秒と余力十分に大幅に上回る上がりタイムをマークしている。当然、1勝クラスに壁は存在しないだろう。

  • twitter
  • facebook
  • g+
  • line