協力:
  • Googleログイン
  • ログイン
  • 無料会員登録
  1. トップ
  2. TOP・無料コンテンツ
  3. マル秘次走注目馬
  4. 8/1・2開催の次走注目馬
  5. RSSフィード ツイッター YouTube はてなブックマーク

競馬予想

マル秘次走注目馬

2020年08月05日(水)更新

【次走注目】舘林勲特別監修




新潟

日曜

9R 出雲崎特別(芝2000m外)
次走注目:アステロイドベルト
(2人気2着)
未勝利勝ち上がりに6戦を要したが、すべて3着以内と崩れをまったく見せなかった全戦内容は、今後の伸びシロを十分に予感させるもの。
実際、休み明けでプラス10キロとしっかり体が増えての復帰戦。最後は勝ち馬にやや離される格好となったが、初めての高速馬場で勝ち馬と同じ上がり33.2秒を記録しての2着。昇級初戦で現クラスの勝ち上がりを確実視できる成長ぶり、走りを見せたと言える。今までに経験がなかった速い馬場にしっかりと対応できた点も今後を考えると大きな収穫だ。

札幌

土曜

5R 2歳新馬(芝1500m)
次走注目:ククナ
(2人気3着)
下見所で前捌きが硬めだったことが影響したのかスタート、ダッシュがひと息で最後方からの追走。当地最終追いのゴール後にルメール騎手を落として放馬した気性面の幼さを感じさせるような道中の走りっぷりにも映った。
それでも直線に向くと回転速いフットワークになって上がり最速マークの3着。再三の稽古で水準以上の時計をマークしていた脚力の確かさを示す走りだった。実戦慣れが見込める次走はV奪取の可能性が高い。



日曜

11R クイーンS(芝1800m)
次走注目:サムシングジャスト
(7人気9着)
小回り舞台で5ハロン通過58.2秒。外枠だったこともあって位置後方は仕方ない展開ではあった。結局、3~4角でも無理することなく素直に大外を回す進路取りとなったが、ラスト1ハロン地点では十分な手応えもあって上位争いに加われる雰囲気。
ところが、内にモタれ気味でまったく追えないままでの実に歯痒いゴールシーンだった。コース取り、モタれとまったく持ち味を発揮できなくての0.4秒差なのだから牝馬重賞、あるいはオープン戦なら楽に通用する力量ありと推察できる。

  • twitter
  • facebook
  • g+
  • line