協力:
  • Googleログイン
  • ログイン
  • 無料会員登録
  1. トップ
  2. TOP・無料コンテンツ
  3. 舘林勲:重賞有力馬ジャッジ
  4. ユニコーンSで能力証明!デュードヴァンに勝機到来
  5. RSSフィード ツイッター YouTube はてなブックマーク

競馬予想

舘林勲:重賞有力馬ジャッジ

2020年08月05日(水)更新

ユニコーンSで能力証明!デュードヴァンに勝機到来


レパードS2020出走馬①
デュードヴァン

ダートで初の敗戦をユニコーンSで喫したが、内枠でスタートのタイミングが合わずに過去に経験したことのない位置からの競馬を強いられた。正直、3角では「消えた」と思ったが、直線では想像していた以上の素晴らしい伸び脚を繰り出して2着。勝ち馬には完敗ではあったが、改めてダート能力の高さを示した。その内容を考えれば1ハロンの延長は問題なさそう。初めてのコーナー4つの競馬となるが、位置取りにこだわらない点からも大きな足枷となる可能性は低そうだ。



レパードS2020出走馬②
ミヤジコクオウ

JDダービーがやや不本意な結果に終わったが、スタートで躓いて大きく後方に置かれる形になりながら、馬群の中から脚を伸ばした伏竜S3着が負けて強の内容。先行勢を見る位置で運べた鳳雛Sでは4角上昇の定石通りのレース運びで完勝。1700~1800mで安定した強さを見せている点が強みと言える。初の左回りについては何とも言えないが、過去の走りに大きな癖は見られず問題なしと見る。


レパードS2020出走馬③
ラインベック

皐月賞で15着撃沈。2勝の実績あるマイル戦へと舵を切ったNHKマイルCでも掲示板争いに加わるのが精一杯だった。そこで、陣営が新たな活躍の場を求めたのがダート戦。西脇特別は5ハロン通過62.3秒の楽逃げに持込んだとはいえ、上がり3ハロンを12.1秒→12.1秒→12.2秒でまとめる完勝劇。芝では速さ負けをしていたが、ダートでは持続力を生かす戦い方ができた。一応、鳳雛S7着馬を完全に抑え込んでおり、上位争いの資格ありと言える力量を示している。あとは、もまれる展開になった時に砂被りにどう対応できるかがカギとなる。


レパードS2020出走馬④
テーオーケインズ

鳳雛Sで初めて馬券圏外へと姿を消したが、スタートで躓いてバランスを崩すシーン。1角で後方2番手となってしまったことが影響しているだけで6着は実力を示す結果ではないと断言できる。2月の3歳1勝クラス戦ではゴール前で差し返す芸当も演じており、能力自体はオープン勝ち馬に劣らないレベルとも考察できる。左回り、1800mの経験もありスタートさえ五分なら上位争いに顔を出せる存在だ。


レパードS2020出走馬⑤
ブランクチェック

1200m→1400m→1600mで4戦3勝2着1回と連対率100%を誇っている。今回は当然の如く更に1ハロン延びる距離がカギとなってくるが、スラリとした胴ゆったりめの体形からはまったく心配なさそう。過去には差す競馬もできていて位置にもこだわらないタイプ。跳びが大きめなだけにダートとしては直線長めの新潟コースも合いそうで十分な注意が必要。


  • twitter
  • facebook
  • g+
  • line