協力:
  • Googleログイン
  • ログイン
  • 無料会員登録
  1. トップ
  2. TOP・無料コンテンツ
  3. 今川秀樹 黒字収支への投資
  4. 例年傾向に逆らって◎リアンヴェリテの根拠アリ!
  5. RSSフィード ツイッター YouTube はてなブックマーク

競馬予想

今川秀樹 黒字収支への投資

2020年08月08日(土)更新

例年傾向に逆らって◎リアンヴェリテの根拠アリ!

【札幌11R エルムS(GⅢ)】
(ダ1700m 15:35発走)


直近10年のエルムSの勝ち馬は全て4角5番手以内、それでいて10頭中9頭が上がり3F2位以内をマークしている。つまり、直線一気の競馬では対応ができず、先行した上で速い脚を使えるか、差し馬ならば道中で勝負圏内に取り付く機動力が求められる。

また、ローカル1700mにもかかわらず逃げ馬が苦戦しているのも特徴だ。札幌ダ1700mは函館よりもコーナーが緩いため比較的差し易い。直線の短さもあって後続勢のプレッシャーが厳しくなると考えられる。今年はマリーンSでハナを切れず惨敗した⑥リアンヴェリテが同型手薄でハナ濃厚。それを番手からチョイ差しできる馬を狙うのが本筋だろう。

ただ、それでもあえて⑥リアンヴェリテをプッシュ。この馬は直線で何度か競り合いで差し返しており、余力があればそれなりに脚を使える。前走の惨敗で今回は人気落ち必至。昨年のエルムSでは超ハイペースを早め先頭から5着に粘り込んでおりスムーズならばココでも能力は十分足りる。チョイ差しされるのは念頭にいれてワイドで狙いたい。


【出馬表・オッズはこちら】

(8月9日)付、東京スポーツ掲載分)

※なお、当コラムは金曜午前段階で執筆されたものです。当日の馬場傾向を踏まえた上での最終結論◎◯▲は『競馬成駿』にてご確認ください!

今川秀樹が厳選勝負レースを公開中!
「競馬成駿」はコチラ!


今川秀樹

IMAGAWA HIDEKI

ラップ理論のパイオニア・上田琢巳も唸る分析力を誇る、競馬JAPAN発の若手予想家・今川秀樹。6年連続で年間黒字収支を達成している男が、「配当面からも期待値の大きい馬」に狙いを定め、本当に買う価値のある◎本命馬をお届けする。

  • twitter
  • facebook
  • g+
  • line