協力:
  • Googleログイン
  • ログイン
  • 無料会員登録
  1. トップ
  2. TOP・無料コンテンツ
  3. 舘林勲:重賞有力馬ジャッジ
  4. プリモシーンのカギは仕上がり具合にアリ!
  5. RSSフィード ツイッター YouTube はてなブックマーク

競馬予想

舘林勲:重賞有力馬ジャッジ

2020年08月12日(水)更新

プリモシーンのカギは仕上がり具合にアリ!


関屋記念2020出走馬①
プリモシーン

着順にバラつきある近走だが、マイル重賞を12戦して【3-2-1-6】。3着以内率は実に5割を誇っており、左回りに限れば【2-1-1-2】と更なる高率の戦績を残している。一昨年にこのレースを1.31.6秒で制しており、新潟適性という点でも評価できる。賞金別定のため牝馬で56キロを背負うことが気にはなるが、同じ条件下だった今年の東京新聞杯ではクリノガウディー、サトノアーサーを抑え込んでいる。斤量よりは自身の仕上がり度合いがカギとなりそう。



関屋記念2020出走馬②
アンドラステ

長期休養が2度あったため、まだキャリアは7戦。地道に勝ち星を積み重ねて前走で初の重賞ステージに参戦した。そのエプソムCは生憎の不良馬場となり通ったコースが結果を大きく左右する馬場状況。先行していた馬、内めを通った馬が上位を占めた中、唯一、外から脚を伸ばした4着は着順以上に評価できる内容だった。まだ、全体時計の速い競馬に対する経験値は少ないが、上がりの速い勝負には十分な対応力は見せており、首位争いの有資格馬と言える。


関屋記念2020出走馬③
サトノアーサー

一昨年のエプソムC以降、勝ち星がないが、今年も重賞&リステッド競走を5戦して4度の掲示板。6着に終わった前走のエプソムCも0.3秒差で堅実に力は発揮できている。展開や馬場状態がうまく噛み合えばV争いに絡んできても不思議ない戦績ではある。だが、良馬場でも悪化した馬場でも力を発揮しながら、結果的には必ずちょっとだけ負けているとも読み取れる内容。3着候補の1頭までという気もする。


関屋記念2020出走馬④
クリノガウディー

新馬勝ちのみの1勝馬だが、痛恨の降着があった高松宮記念では1位入線の事実。そして、マイル重賞7戦でも2着2回、3着1回と互角力量を示す戦績を残している。走破時計を見ても1分31秒台の持ち時計があり、1分33秒台の走破が5回と安定した記録。内容がいい左回りなら好戦の可能性が大いにある。CBC賞が58キロで動けなかっただけに、斤量が56キロとなることも好材料と思える。


関屋記念2020出走馬⑤
エントシャイデン

今年すでに7戦消化と使い込まれているが、末脚を安定して発揮できており、ここにきての体調充実ぶりが目につく1頭。同舞台の谷川岳Sでタイム差なしの2着。安土城Sの勝ち方、中京記念3着の内容からも穴党にとっては魅力ある存在。今週、新潟もようやくの夏競馬となりそうなだけに芦毛というのも注目点になり得る。


  • twitter
  • facebook
  • g+
  • line