協力:
  • Googleログイン
  • ログイン
  • 無料会員登録
  1. トップ
  2. TOP・無料コンテンツ
  3. 舘林勲:重賞有力馬ジャッジ
  4. V最有力ラッキーライラックのライバルご紹介
  5. RSSフィード ツイッター YouTube はてなブックマーク

競馬予想

舘林勲:重賞有力馬ジャッジ

2020年08月19日(水)更新

V最有力ラッキーライラックのライバルご紹介


札幌記念2020出走馬①
ラッキーライラック

精神的な不調に陥った時期もあったが、昨秋のエリザベス女王杯で復活のGⅠ2勝目をマークすると、以降も国内外で牡馬相手に安定した戦いぶりを見せて大阪杯も制覇。前回の宝塚記念はタフな馬場状態が合わずに3角から手応えが悪くなって6着に沈んだが、GⅠ戦とは思えないような着差がつくほど馬場適性の差が影響した一戦。参考外の結果と割り切っていい。中山記念、大阪杯のレースぶりからは洋芝、小回り2000mへの高い適性力が推察できV最有力。



札幌記念2020出走馬②
ノームコア

マイル重賞を中心に使われてGⅠ勝ちを含む重賞3勝。昨年のヴィクトリアマイルでは1.30.5秒のレコードVを飾っており、以降もマイルGⅠでは堅実に上位争いを演じている。今回は久々となる距離への対応が大きな課題として挙げられるが、過去に2000m重賞で3、1、2着の実績を残しており、近走では折り合いに苦労するシーンも見られない。加えて、ある程度のペースを作り出す先行型もしっかりと存在。この距離で不安となり得る材料を打ち消してくれる要因が幾つか考えられ、大幅な割引は必要なさそう。


札幌記念2020出走馬③
トーセンスーリヤ

昨夏から徐々なる上昇を示し、4月の美浦Sを制してオープン入り。重賞初挑戦となった新潟大賞典ではハンデ差を生かして好位抜け。いきなりの重賞制覇を成し遂げた。果敢に挑んだ宝塚記念はパワー優先の馬場状態で7着に終わったが、積極的に自分の競馬をした戦いぶりは悪くない。中央での10連対中、8戦までが函館、札幌、中山の1800m。この舞台は持ち味を発揮しやすいコースと考えられる。


札幌記念2020出走馬④
ブラックホール

昨年の札幌2歳Sの覇者。以降の4戦で好結果は出てないが、皐月賞9着、ダービー7着の戦績はGⅡ~Ⅲなら完全無視はできないレベル。特に、パンパン良馬場の時計勝負が向かないことを考えればダービーの0.9秒差はそれなりの価値を見出せる結果とも言える。前述の脚質からしても洋芝コースの開催後半は適条件となる可能性が高い。速めの展開も向きそうで穴に一考。


  • twitter
  • facebook
  • g+
  • line