協力:
  • Googleログイン
  • ログイン
  • 無料会員登録
  1. トップ
  2. TOP・無料コンテンツ
  3. 舘林勲:重賞有力馬ジャッジ
  4. ブラヴァスとワーケアに明暗
  5. RSSフィード ツイッター YouTube はてなブックマーク

競馬予想

舘林勲:重賞有力馬ジャッジ

2020年09月02日(水)更新

ブラヴァスとワーケアに明暗


新潟記念2020出走馬①
ブラヴァス

焦らずにじっくりと馬の体調に合わせて着実に歩を進め、重賞ステージに入った近2戦も4、2着と上位争いを演じている。しかも、新潟外回り戦、福島の重馬場とまったく異なる性格のレースで結果を残している点に現状戦力の確かさが強く感じられる。この中間も半端ない調教量を誇り、既に好タイム計時の併せ馬も消化しており、この一戦で今秋の路線を決めようとしる陣営の意欲がヒシヒシと伝わってくる。1キロ増量のハンデなら再度の上位争いが見込まれる。



新潟記念2020出走馬②
ワーケア

クラシック王道路線を歩みながら、より走りがいい左回り、ダービーでのパフォーマンスを高めるために皐月賞をパスして一点待機。結果8着に終わったが、2着サリオスからは0.5秒差。やや距離が長かった印象を考え合わせれば悲観すべき敗戦ではなかった。距離2000mの左回り、ハンデ53キロという格好条件が実に魅力的に映ることは確かだ。ただ、馬体はすっきり仕上がっている印象ながら、1週前の追い切りでは直線でやや動きが重い感じ。この点がどう影響するか一抹の不安はある。


新潟記念2020出走馬③
ピースワンパラディ

3戦目の青葉賞で3着。以降も馬券圏内を確保しながらのオープン入りと資質の高さを示す戦績を残している。それを考えると前走のエプソムC7着は意外なる大きな凡走とも言えるが、生憎の不良馬場で前内が上位を占める極端な展開だった。到底、能力負けとは考えられる内容ではなく、底が割れたとも思えない敗戦内容。良馬場なら大きく見直せる存在だ。


新潟記念2020出走馬④
サトノダムゼル

ここまで6戦4勝。大きく崩れたのは秋華賞のみ。それもGⅠとは思えない大差がつくほど馬場状態が大きく左右した一戦で能力の指標とはなり得ないレースだった。ここまでにド派手な勝ち方を演じてないが、逆に渋く勝つ内容に底知れぬ感が秘められている印象。混戦となりそうなメンバー構成だけに、ハンデ53キロで勝負強さが生きる可能性は十分にある。


新潟記念2020出走馬⑤
サンレイポケット

取り消し、除外などすべてが順調でない中で今年4戦4連対。しかも、上がりタイムもすべて1~2位としっかりとした脚力を示している。後方からの脚質馬でありながら、直線では内外を問わずに脚を使えることも、直線でバラけやすい開催後半の新潟外回り戦に適している材料と考えられる。過去に4戦3勝、2着1回とほぼ完璧な左回りなら重賞でも楽しみある1頭と言える。


  • twitter
  • facebook
  • g+
  • line