協力:
  • Googleログイン
  • ログイン
  • 無料会員登録
  1. トップ
  2. TOP・無料コンテンツ
  3. 舘林勲:重賞有力馬ジャッジ
  4. 打倒コントレイル!中京を味方にできるディープボンド
  5. RSSフィード ツイッター YouTube はてなブックマーク

競馬予想

舘林勲:重賞有力馬ジャッジ

2020年09月23日(水)更新

打倒コントレイル!中京を味方にできるディープボンド


神戸新聞杯2020出走馬①
コントレイル

説明不要な無敗のダービー馬。2歳時の東京スポーツ杯、ホープフルSでは操縦性に課題を残すシーンも見られたが、皐月賞は3~4角からの捲り差し、ダービーは正攻法から危な気ない抜け出し。しかも、鞍上に「遊びながら勝った」と言わせる戦いぶり。現世代の中では完全に抜けた力量馬と言える。まだ満点仕上げではないだろうが順調な調整過程で、より高いパフォーマンスを見せている左回り。評価を下げる材料が見当たらない。



神戸新聞杯2020出走馬②
ヴェルトライゼンデ

ホープフルSで2着。クラシック2冠でも皐月賞8着→ダービー3着と世代上位の力量を示している。ただ、1週前のセントライト記念を予定していたところ、熱発で復帰をスライドさせての出走。先週の仕切り直しの追い切りでは追走先着と元気な姿を見せて仕上がり及第以上の時計をマークしたが、ゴール前の脚勢はひと息でストライドも大きくならなかった印象。当日までにどこまで体調を上げられるかが大きなカギとなる。


神戸新聞杯2020出走馬③
ディープボンド

デビューから一貫して2000m以上戦を使われ続け、縦長展開となった京都新聞杯ではじっくり構えて直線の叩き合い。激しい攻防を制して重賞初制覇を飾った。その余勢をかって挑んだダービーでも先行して5着奮闘。陣営の見立て通り距離の長い分野への適性の高さを示している。その意味で言えば、坂越えが2度あるタフな中京の2200mは向きそうな舞台。逆転可能で首位を狙えるとは言わないが連対圏には入れておきたい存在だ。


神戸新聞杯2020出走馬④
ファルコニア

6戦2勝ながら2着2回、全戦で4着以内と堅実なタイプ。春はクラシック舞台には立てなかったが、勝ち馬がダービーで掲示板に上がっているスプリングS,京都新聞杯で差がない競馬ができており、一線級とも大きな力差はない戦績を残している。現在の馬場を考えると、ここまでに速い走破記録がない点が気になるが、一応はディープ産駒。成長度でどこまで時計に対応できるか。


神戸新聞杯2020出走馬⑤
エンデュミオン

実績劣る2勝馬ながら、2000m超戦となった近2走が内容上々。好位から楽に抜け出して3馬身半差をつけた燕特別。阿賀野川特別は2着に終わったが、緩い流れに逆らう形で完全に脚を余した失敗レース。実質的には3勝馬の取り扱いができる内容と言える。過去に崩れない左回りで実績ある2000m超戦。順調度、上昇度を加味すれば馬券圏内への突入があっても不思議ではない。


  • twitter
  • facebook
  • g+
  • line