協力:
  • Googleログイン
  • ログイン
  • 無料会員登録
  1. トップ
  2. TOP・無料コンテンツ
  3. 境和樹:穴馬券ネオメソッド
  4. スプリンターズステークス、最速王はミスプロ系から生まれる!
  5. RSSフィード ツイッター YouTube はてなブックマーク

競馬予想

境和樹:穴馬券ネオメソッド

2020年10月03日(土)更新

スプリンターズステークス、最速王はミスプロ系から生まれる!



【中山11Rスプリンターズステークス】
(芝1200m 15:40発走)


sakai

スプリンターズSのトレンドは、父ミスプロ系

sakai


ロードカナロアの連覇などはあったものの、これまでスプリンターズSで決してマジョリティ血統ではなかったミスプロ系が、16年を境に大躍進。
17年、19年と1~3着を独占し、18年13人気3着ラインスピリットや17年7人気3着ワンスインナムーンなど、穴馬の激走も少なくありません。

この背景にあるのが、中山芝1200自体の血統傾向の変化。

近年、ミスプロ系は、中山芝1200で存在感を増しており、それに伴ってGⅠの舞台でも好結果を出しているという構図が存在します。。

sakai


これは、各年の頭からスプリンターズS前週までに行われた中山芝1200の成績。
馬場改修前の12、13年のみならず、改修直後の15年の成績と、16年以降の成績を比較すると、父ミスプロ系の成績がグンと上がっていることが分かります。
これに伴って、スプリンターズSでも父ミスプロ系の支配力が高まっているというわけです。

sakai


今年も、昨年までと変わらず当コースのマジョリティ血統の座をキープしている父ミスプロ系。これまでの傾向から、今年のスプリンターズSでも見逃せない血統と考えられるでしょう。

狙いは父ミスプロ系

②モズスーパーフレア
(父スパイツタウン)

③ダノンスマッシュ
(父ロードカナロア)

⑧ダイメイフジ
(父アグネスデジタル)

⑨ダイアトニック
(父ロードカナロア)

⑨ダイアトニックは父ロードカナロアで血統テーマをクリアする存在。

道悪もあって圧倒的な外枠有利バイアスが出ている中で行われたキーンランドCは、最内枠を引いた時点で完全にノーチャンス。大敗は度外視していいでしょう。
高松宮記念も不利さえなければ……の競馬で、能力的には十分通用。良馬場で巻き返し必至です。





【出馬表・オッズはこちら】

境和樹が厳選勝負レースを公開中!
「競馬成駿」はコチラ!


境和樹

SAKAI KAZUKI

立教大学部法学部卒。東スポや競馬の天才で人気上昇中の血統予想家。血統傾向からレースの適性を探る。

  • twitter
  • facebook
  • g+
  • line