協力:
  • Googleログイン
  • ログイン
  • 無料会員登録
  1. トップ
  2. TOP・無料コンテンツ
  3. 舘林勲:重賞有力馬ジャッジ
  4. 3歳馬に明暗!打倒サリオスは古馬勢に期待
  5. RSSフィード ツイッター YouTube はてなブックマーク

競馬予想

舘林勲:重賞有力馬ジャッジ

2020年10月07日(水)更新

3歳馬に明暗!打倒サリオスは古馬勢に期待


毎日王冠2020出走馬①
サリオス

2歳時に3連勝で朝日杯FSを制覇。2戦目のサウジアラビアRCではマイル1.32.7秒を記録して高いマイル適性を示している。距離延長が疑問視される中、ぶっつけのローテーションを選択した皐月賞で2着。更に距離が延びたダービーでも2着と世代上位の存在であることをアピールした。ただ、コントレイルの2冠阻止といった雰囲気はまったくなかった2着であり、距離が延びるよりは短い方に適性が高いことを改めて感じさせた。仕上がり良好で斤量は54キロ。開幕馬場の1800mは絶好条件と言える。



毎日王冠2020出走馬②
サトノインプレッサ

デビューから3連勝で毎日杯を制覇。それも出遅れ、直線で何度か寄られて進路が狭くなるシーンがあっての差し切り勝ちと着差以上の強さを示す勝ち方だった。NHKマイルCをステップに挑んだダービーでも、馬群の中で進路取りに苦労しながら脚を伸ばして4着。3連勝がダテではない能力馬であることを証明して見せた。それでも、今回は1週前の動きが今ひとつで開幕馬場の1800mへの対応力をも求められる一戦。条件的にはやや厳しい印象を受ける。


毎日王冠2020出走馬③
ザダル

距離が長かった菊花賞後、再出発の中山金杯で8着、メイSで3着と賞金加算に手間取ったが、前走の関越Sでは3馬身差の完勝劇。一戦毎に着実に良化していること、中距離タイプであることを示した。現状、バリバリのGⅠ戦での上位争いイメージは湧いてこないが、東京の開幕馬場で地力よりも馬場適性が求められるレースとなりやすい傾向。近2戦の1800mで1分44~45秒台で走破できている実績は軽視できない。


毎日王冠2020出走馬④
サンレイポケット

今年になって2、3勝クラス戦を突破。初の重賞挑戦となった新潟記念でも持ち前の末脚を発揮してタイム差なしの3着と通用レベルへの地力強化を示している。本来、左回りの直線長いコースはピッタリだが、今回はトータルの速さをも求められる開幕週の1800mという点がポイント。上がりの速い競馬となりそうなのがマイナス材料だ。


毎日王冠2020出走馬⑤
ダイワキャグニー

もまれ弱さがあって展開に左右されやすいため戦績が安定しないが、東京1800mに限って言えば8戦5勝。このレースでも3歳時に0.2秒差の4着、4歳時に0.7秒差7着を記録している。去勢して間がないが、1週前の追い切りでは非常に雰囲気いい走りを披露して効果がうかがえる印象。この頭数ならもまれる心配もなさそうで連下圏の注意を払いたい存在だ。


  • twitter
  • facebook
  • g+
  • line