協力:
  • Googleログイン
  • ログイン
  • 無料会員登録
  1. トップ
  2. TOP・無料コンテンツ
  3. 境和樹:穴馬券ネオメソッド
  4. 毎日王冠はダート型Nダンサーに注目!
  5. RSSフィード ツイッター YouTube はてなブックマーク

競馬予想

境和樹:穴馬券ネオメソッド

2020年10月10日(土)更新

毎日王冠はダート型Nダンサーに注目!



【東京11R毎日王冠】
(芝1800m 15:45発走)


sakai

毎日王冠は、ダート型ノーザンダンサー1800重賞実績に注目。

sakai


まず、血統的にはダート型ノーザンダンサー、すなわち、ストームキャットとヴァイスリージェント系の支配力が高いレース。

昨年は母父ストームキャットのダノンキングリーが勝ち、2着にヴァイスリージェント系クロフネ産駒のアエロリットが入りました。そのアエロリットは、18年の勝ち馬でもあります。
17年は3人気1着リアルスティール、5人気2着サトノアラジンと母父ストームキャットのワンツー決着。16年の勝ち馬ルージュバックは、母父がヴァイスリージェント系のオーサムアゲイン。15年の勝ち馬エイシンヒカリは母父がストームキャットでした。

これは天皇賞・秋でも共通するテーマなので、この時期の東京芝全般に通じるテーマと考えていいでしょう。

sakai


もうひとつのテーマは、今回と同じ1800の重賞実績
特に同舞台の東京芝1800重賞(エプソムC、共同通信杯など)の実績はかなり重要。昨年の勝ち馬ダノンキングリーも、共同通信杯勝ちの実績がありました。

血統的にはストームキャット、ヴァイスリージェント系。あとは1800重賞実績を持った馬に注目。

①コントラチェック
(フラワーC勝ち)

②ワンダープチュック
(母父ストームキャット系)

⑤ダイワキャグニー
(エプソムC勝ち)

⑧サトノインプレッサ
(毎日杯勝ち)

⑩カデナ
(母父フレンチデピュティ)

⑩カデナは、母父がダート型ノーザンダンサーのヴァイスリージェント系フレンチデピュティ。1800重賞の小倉大賞典勝ちの実績もあります。何とか馬場をこなしてくれれば、上位進出の可能性はあるはずです。





【出馬表・オッズはこちら】

境和樹が厳選勝負レースを公開中!
「競馬成駿」はコチラ!


境和樹

SAKAI KAZUKI

立教大学部法学部卒。東スポや競馬の天才で人気上昇中の血統予想家。血統傾向からレースの適性を探る。

  • twitter
  • facebook
  • g+
  • line