協力:
  • Googleログイン
  • ログイン
  • 無料会員登録
  1. トップ
  2. TOP・無料コンテンツ
  3. 境和樹:穴馬券ネオメソッド
  4. 府中牝馬ステークスはスタミナ比べ!
  5. RSSフィード ツイッター YouTube はてなブックマーク

競馬予想

境和樹:穴馬券ネオメソッド

2020年10月16日(金)更新

府中牝馬ステークスはスタミナ比べ!



【東京11R府中牝馬ステークス】
(芝1800m 15:45発走)


sakai

府中牝馬Sは、スタミナ欲求が強く、血統的にはネヴァーベンドとブラッシンググルームに代表されるスタミナ型ナスルーラ、そして、欧州血統の重要性が高いことが特徴。

sakai


7人気3着、9人気2着と人気薄で2年連続好走しているフロンテアクイーンは、母母父にネヴァーベンド系ブレイヴェストローマンを内包。18年2着リスグラシューも母母父にやはりネヴァーベンド系ミラーズメイトを内包していました。
一方、17年5人気1着クロコスミア、13年4人気1着ホエールキャプチャはともに母母父にブラッシンググルーム系ナシュワンを内包。
スタミナ比べに強いネヴァーベンド系と、底力の権化とも呼ばれるブラッシンググルーム系を内包している馬が頻繁に好走する。これが府中牝馬Sというレースをよく表しています。
残念ながら今年は両系統を保持・内包している馬は出走しませんが、レースの性質を語る上で大事なポイントと言えるでしょう。

sakai


スタミナと底力が問われるレースということから、欧州血統もパフォーマンスアップに繋がります。
先述したフロンテアクイーンの父はサドラーズウェルズ系メイショウサムソン。18年の勝ち馬ディアドラの父はキングジョージ勝ち馬のハービンジャー。その他、サドラーズウェルズやカーリアンなど、欧州血統の代表格である血統が並びます。

スタミナ、底力に秀でた血統を狙いたい府中牝馬S。今年の候補馬は……

①シゲルピンクダイヤ
(母父ハイシャパラル)

④サラキア
(母父ロミタス)

⑥シャドウディーヴァ
(母父ダンシリ)

⑥シャドウディーヴァの母父ダンシリは、ハービンジャーの父として知られる欧州血統。

2走前のエプソムCは極度の道悪に何度もノメっており、全く力を出せていない参考外の一戦。フローラS2着、東京新聞杯2着など東京適性の高い馬で、前走4着以上の走りが期待できます。





【出馬表・オッズはこちら】

境和樹が厳選勝負レースを公開中!
「競馬成駿」はコチラ!


境和樹

SAKAI KAZUKI

立教大学部法学部卒。東スポや競馬の天才で人気上昇中の血統予想家。血統傾向からレースの適性を探る。

  • twitter
  • facebook
  • g+
  • line