協力:
  • Googleログイン
  • ログイン
  • 無料会員登録
  1. トップ
  2. TOP・無料コンテンツ
  3. 今川秀樹 黒字収支への投資
  4. マイラー資質を重視!スカーレットカラーの食い込み支持
  5. RSSフィード ツイッター YouTube はてなブックマーク

競馬予想

今川秀樹 黒字収支への投資

2020年10月31日(土)更新

マイラー資質を重視!スカーレットカラーの食い込み支持

【東京11R 天皇賞・秋(GⅠ)】
(芝2000m 15:40発走)


以前の天皇賞秋は、テンから流れて道中の緩みも少ないハイレベルな前傾持続戦がデフォルトだった。しかし近年は徐々に後傾化が進み、2014年以降はすべて後傾戦。それに伴って、求められる能力がスタミナよりもスピードの持続力にシフトしてきており、マイルで結果を残している馬の台頭が目立つ。

今年は少頭数の上に明確な逃げ馬は不在。やはりスローからの後傾持続戦となりそうだ。昨年の同レースを楽勝している⑨アーモンドアイはマイラーとしての資質の高さも疑いようがなく、今年も勝ち負け必至だろう。馬券的な狙いは⑩スカーレットカラー。マイル戦ではないが、昨年の府中牝馬Sのパフォーマンスが秀逸。東京でスピードの持続力が求められる競馬はベストの舞台。折り合いがカギだが、圏内の可能性は十分あるだろう。


【出馬表・オッズはこちら】

11月1日(日)付、東京スポーツ掲載分)

※なお、当コラムは金曜午前段階で執筆されたものです。当日の馬場傾向を踏まえた上での最終結論◎◯▲は『競馬成駿』にてご確認ください!

今川秀樹が厳選勝負レースを公開中!
「競馬成駿」はコチラ!


今川秀樹

IMAGAWA HIDEKI

ラップ理論のパイオニア・上田琢巳も唸る分析力を誇る、競馬JAPAN発の若手予想家・今川秀樹。6年連続で年間黒字収支を達成している男が、「配当面からも期待値の大きい馬」に狙いを定め、本当に買う価値のある◎本命馬をお届けする。

  • twitter
  • facebook
  • g+
  • line