協力:
  • Googleログイン
  • ログイン
  • 無料会員登録
  1. トップ
  2. TOP・無料コンテンツ
  3. 境和樹:穴馬券ネオメソッド
  4. 京王杯2歳ステークスは、スケールより完成度勝負!
  5. RSSフィード ツイッター YouTube はてなブックマーク

競馬予想

境和樹:穴馬券ネオメソッド

2020年11月06日(金)更新

京王杯2歳ステークスは、スケールより完成度勝負!



【東京11R京王杯2歳ステークス】
(芝1400m 15:35発走)


sakai

芝1400は、1200寄りのスプリンターと1600寄りのマイラーが混在する条件。どちらの適性が優位なのかを見極めることが重要。
そして、この京王杯2歳Sスプリンターにアドバンテージがあるレース。

sakai


函館2歳S、小倉2歳Sといった夏の1200重賞で好走した馬が、そのまま結果を出すことが多い京王杯2歳S。
ローカル、しかも早期の重賞での成績ということもあり、他馬の成長もある程度進む秋、しかも大箱東京の1400という条件では厳しいのでは? と思ってしまうところ、結局は夏の勢力図がそう大きくは変わらないところがこのレースの性質。

昨年は函館2歳Sの1、2着が着順を入れ替えた形の決着。一昨年は勝ち馬ファンタジストが小倉2歳S勝ち馬。17年は函館、小倉の両2歳S勝ち馬が揃って馬券に絡みました。

1200寄りのスピードが重要であるということに加え、現時点での完成度が求められるということ。
マイル以上の距離、ましてやクラシック戦線を狙うようなスケールや底力はむしろ邪魔になると考えるべきでしょう。

sakai


1200寄りのスピードと現時点での完成度が重要。このことは血統面にも表れています。
スピードとパワーに秀でており、コンスタントに好走馬を出すものの、スタミナや底力に欠けるのがキンシャサノキセキダイワメジャーの特徴。こういった血統が好走しやすいところに、京王杯2歳Sというレースの性質が表れています。

1200実績馬を重視、スケールよりもスピードと完成度に長けた血統をピックアップ。

②リメス
(父カレンブラックヒル)

④リンゴアメ
(父マツリダゴッホ)

⑥モントライゼ
(父ダイワメジャー)

⑬クムシラコ
(父ディスクリートキャット)

④リンゴアメは、函館2歳S勝ちの実績を持つマツリダゴッホ産駒。馬キャラ、血統面で好走テーマを満たします。
東京芝1400では体力不足に見えて、実績が示す完成度の高さこそ大事な要素。手頃な人気で買えそうな今回が馬券機と見ました。





【出馬表・オッズはこちら】

境和樹が厳選勝負レースを公開中!
「競馬成駿」はコチラ!


境和樹

SAKAI KAZUKI

立教大学部法学部卒。東スポや競馬の天才で人気上昇中の血統予想家。血統傾向からレースの適性を探る。

  • twitter
  • facebook
  • g+
  • line