協力:
  • Googleログイン
  • ログイン
  • 無料会員登録
  1. トップ
  2. TOP・無料コンテンツ
  3. 2歳戦THE青田買い
  4. 11/21 山田乗男の2歳戦青田買い
  5. RSSフィード ツイッター YouTube はてなブックマーク

競馬予想

2歳戦THE青田買い

2020年11月20日(金)更新

【もちの木賞】将来有望なダート馬が集結!注目は末脚自慢のあの馬!

【阪神9 もちの木賞】

◎④ゴールドレガシー


○①ダノンハーロック
▲⑩バニシングポイント
△⑧ロードシュトローム
△⑭ハンディーズピーク
△⑦ドンカポノ

【出馬表・オッズはこちら】




④ゴールドレガシーの末脚に期待する。デビュー戦はダッシュがつかず後方から。その後も追走に苦労し、3コーナーあたりで鞭が入るほどの状況だったが、追い通しのまま大外から進出し、最後はしっかり差しきりと息の長い末脚を披露。マイル戦に距離短縮した前走も、3コーナーで前方馬群から離され絶望を思わせながら、前走同様大外から脚を伸ばし、勝ち馬に少差まで追い上げる2着。印象は完全に勝ち馬より上だった。エンジン全開に時間がかかるので、距離延長は好材料。早めに仕掛けても持つだけのスタミナはあるので、鞍上には積極的に動いていただきたい。

2番手は2頭。①ダノンハーロックは、ソダシ(札幌2歳S、アルテミスS勝ち)、メイケイエール(小倉2歳S、ファンタジーS勝ち)と2歳戦線で大活躍している、いわゆる白毛一族の一頭。元々ダート馬が多いので、ダートでデビュー勝ちの当馬こそ一族の保守本流と言える。前走内容から上でも通用する。

⑩バニシングポイントは芝でデビューし、札幌の新馬戦は大楽勝も、東京の前走は完敗と、血統通り洋芝のほうが良さそう。いや血統通りというなら、ダートはもっといいはず。そもそも来年のケンタッキーダービーを目標にしている馬。ダートで真価発揮だ。

[馬連]
1-4(30%)
4-10(30%)
4-8(20%)
4-14(10%)
4-7(10%)

[3連単]
1着 4
2着 1,10,8,14,7
3着 1,10,8,14,7
(フォーメーション20点)

1着 1,10,8,14,7
2着 4
3着 1,10,8,14,7
(フォーメーション20点)


山田乗男

YAMADA NORIO

某著名雑誌で長年POGコーナーを担当する2(3)歳馬情報のスペシャリストが、1日で最も信頼できるとっておきの新馬情報を大暴露!!時には危なすぎる情報も!?

  • twitter
  • facebook
  • g+
  • line