協力:
  • Googleログイン
  • ログイン
  • 無料会員登録
  1. トップ
  2. TOP・無料コンテンツ
  3. 2歳戦THE青田買い
  4. 11/22 山田乗男の2歳戦青田買い
  5. RSSフィード ツイッター YouTube はてなブックマーク

競馬予想

2歳戦THE青田買い

2020年11月21日(土)更新

【赤松賞】三冠牝馬の娘が母の歩んだ道を行く!

【東京9 赤松賞】

◎⑤アカイトリノムスメ


○⑩シャドウエリス
▲⑦メイサウザンアワー
△③レアシャンパーニュ
△④アオイゴールド

【出馬表・オッズはこちら】




3冠牝馬アパパネを母に持つ⑤アカイトリノムスメの連勝に期待する。新潟の新馬戦こそ1番人気7着と崩れたが、2戦目で変身の多い国枝厩舎ではよくあること。実際アカイトリノムスメの2戦目も、初戦とは別馬のような末脚で、豪快な差し切りを決めた。思えば母アパパネも、夏のローカルのデビュー戦で敗れ(こちらは福島)、10月の東京で未勝利戦を勝ち、赤松賞も連勝。その後は阪神JF、そして牝馬3冠と快進撃を続けた。同じ国枝厩舎所属のアカイトリノムスメも、母を意識したローテーションから期待は相当に高いはず。ここを勝って、母の道を歩みたい。

強敵は2頭。⑩シャドウエリスは、変則開催の影響で予定の新潟マイル戦を使えず、仕方なく小倉の1200mでデビュー。合わないと見られたコースで2着と高い能力を見せ、真の勝負レースと思える前走の中京マイル戦は難無く勝ち上がった。飯塚氏(馬主)の馬としては珍しい友道厩舎所属。この点でも、期待度が相当に高いと読める。

⑦メイサウザンアワーは、かつて話題になった6億円馬ディナシーの仔。デビュー前の調教から高い能力を示していたが、福島の初戦は2着。2戦目の中山戦は大きな変わり身を見せ楽勝と、デビュー前の評判が間違ってなかったことを証明した。血統的にも奥を感じさせ、まだまだ伸びる存在だ。

[馬連]
5-10(40%)
5-7(40%)
3-5(10%)
4-5(10%)

[3連単]
1着 5
2着 10,7
3着 10,7,3,4
(フォーメーション6点)

1着 10,7
2着 5
3着 10,7,3,4
(フォーメーション6点)


山田乗男

YAMADA NORIO

某著名雑誌で長年POGコーナーを担当する2(3)歳馬情報のスペシャリストが、1日で最も信頼できるとっておきの新馬情報を大暴露!!時には危なすぎる情報も!?

  • twitter
  • facebook
  • g+
  • line