協力:
  • Googleログイン
  • ログイン
  • 無料会員登録
  1. トップ
  2. TOP・無料コンテンツ
  3. 2歳戦THE青田買い
  4. 11/23 山田乗男の2歳戦青田買い
  5. RSSフィード ツイッター YouTube はてなブックマーク

競馬予想

2歳戦THE青田買い

2020年11月22日(日)更新

【東スポ杯2歳S】人気2頭に隙あり!堀厩舎の素質馬を狙う!

【東京11 東京スポーツ杯2歳S】

◎④レインフロムヘヴン


○③ダノンザキッド
▲①ドゥラヴェルデ
△⑩ジュンブルースカイ
△②タイトルホルダー
△⑥プラチナトレジャー

【出馬表・オッズはこちら】




新馬戦の勝ちっぷりを思い出すと③ダノンザキッド、①ドゥラヴェルデの2頭が抜けているイメージ。ただクラシックの登竜門・東京スポーツ杯2歳Sは甘いレースでは無い。過去10年上位3着までの計30頭を見ると、前走が6,7月だった馬は、昨年3着のラインベックたった一頭のみ。それもオープン中京2歳Sを勝った経験を持つ馬である。ダノンザキッド、ドゥラヴェルデの2頭はともにキャリア一戦のみで、ダノンザキッドは6月28日以来、ドゥラヴェルデが7月26日以来。後にGⅠを勝ったサトノアラジンでも、8月上旬の新馬戦以来で臨んだ東スポ杯は1番人気で5着に敗れていることから、先の2頭も楽ではない。

そこで狙うは④レインフロムヘヴンだ。格上げ初戦の百日草特別は、馬場入り直後に他馬に蹴られてテンションが上がり、レースもスムーズに進められなかった。しかもレースの終い3Fが11.1秒-11.3秒-11.3秒の高速上り。脚を溜められなかった当馬には厳しい決め手勝負で2着入線なのだから、ポテンシャルは相当に高い可能性がある。その百日草特別から中1週の出走。慎重な堀厩舎には珍しいローテーションだが、予定されていた自己条件の葉牡丹賞から繰り上げての重賞挑戦は、馬が良化しているからこそのゴーサインと読める。気性の難しい父ドゥラメンテを2冠に導いた堀厩舎。ココが勝負と見ての出走なら、こちらも馬券で勝負だ。

[馬連]
3-4(30%)
1-4(30%)
4-10(20%)
2-4(10%)
4-6(10%)

[3連単]
1着 4
2着 3,1,10,2,6
3着 3,1,10,2,6
(フォーメーション20点)

1着 3,1
2着 4
3着 3,1,10,2,6
(フォーメーション8点)


山田乗男

YAMADA NORIO

某著名雑誌で長年POGコーナーを担当する2(3)歳馬情報のスペシャリストが、1日で最も信頼できるとっておきの新馬情報を大暴露!!時には危なすぎる情報も!?

  • twitter
  • facebook
  • g+
  • line