協力:
  • Googleログイン
  • ログイン
  • 無料会員登録
  1. トップ
  2. TOP・無料コンテンツ
  3. マル秘次走注目馬
  4. 11/21・22・23開催の次走注目馬
  5. RSSフィード ツイッター YouTube はてなブックマーク

競馬予想

マル秘次走注目馬

2020年11月25日(水)更新

【舘林勲特別監修】11/21・22・23開催の次走注目馬




東京

土曜

9R 西湖特別(ダ1600m)
次走注目:ルコントブルー
(2人気5着)
5ヵ月ぶりでプラス18キロ。大型馬でそれほど太くは映らなかったが、テンから本来の行きっぷりが見られず、直線に向いてからの反応も悪かった。正直、直線半ばでは後方馬群に飲み込まれての惨敗かと思われた。
ところが、ここからバタッとは止まらずにジワジワと踏ん張って5着。これは明らかに現クラス上位の脚力、能力があるからこそのレース内容と見て取れる。デビューから3着外しなしの4戦2勝でこのクラスに到達の実力はしっかりと示せており、順当に次戦を迎えられるようならばV争いが必至。

11R 奥多摩S(芝1400m)
次走注目:ブレイブメジャー
(5人気7着)
福島1200m戦を除外されてのここ出走。余分に乗り込めた分、仕上がり自体は及第以上だったが、東京の良馬場1400m戦としては流れが緩めで3ハロン通過35.8秒→59.0秒。フルゲート18頭立てということもあって馬群がバラけない展開の中で窮屈な競馬を強いられた。
直線でも進路がスパッと開くことはなく終始、前にも横にも他馬がいる状態。エンジン全開となることがなかったゴールシーンと映った。それでも最後は2~4着馬と同じような脚勢があっての0.3秒差。状態アップも見込める次は前進が期待できる。

阪神

日曜

10R 西宮S(芝2400m)
次走注目:ヒートオンビート
(1人気4着)
スタート後にちょっとモタつき、ゴチャつく場面もあって後方内。いつものようなポジションを取れなかったのが第一の誤算。そして、5ハロン通過は62.9秒の超スローとなったことも大きな誤算だった。
結局、身動き取れないまま4角を回ることに。しかも、一瞬は外に進路を探りながら無理と判断して馬群の中へ。奇しくも周りには同じ勝負服の馬ばかり。これでは強引に進路を作ることも不可能。最後の最後になってようやくムチが入るシーンはあったが完全に脚を余した0.3秒差だった。昇級初戦で人気には応えられなかったが、その実力は存分にアピール。長丁場ならオープン入りを確実視できる力量馬だ。

  • twitter
  • facebook
  • g+
  • line