協力:
  • Googleログイン
  • ログイン
  • 無料会員登録
  1. トップ
  2. TOP・無料コンテンツ
  3. 境和樹:穴馬券ネオメソッド
  4. チャンピオンズカップは和風なダート王決定戦!
  5. RSSフィード ツイッター YouTube はてなブックマーク

競馬予想

境和樹:穴馬券ネオメソッド

2020年12月05日(土)更新

チャンピオンズカップは和風なダート王決定戦!



【中京11Rチャンピオンズカップ】
(ダ1800m 15:30発走)


sakai

チャンピオンズCは、フェブラリーSと異なり和製血統が好走しやすいレース。

sakai


昨年もゴールドアリュール産駒のワンツーで決まったこのレース。米国血統の支配力が強いフェブラリーSとは異なり、このレースは「現役時代に日本で競走生活を送っていた馬」の産駒が優勢。米国的な前向きさと持続性能よりも、より日本のダート戦寄りの適性が求められます。

sakai


和製血統が走りやすいことに関連して、芝でも走れる血統を持った馬が頻繁に好走している点も特徴。中でもネオユニヴァース、スズカマンボやゼンノロブロイのようなB級サンデーは狙って妙味の存在と言えるでしょう。

①タイムフライヤー
(父ハーツクライ)

⑤クリンチャー
(父ディープスカイ)

⑥エアスピネル
(父キングカメハメハ)

⑨アルクトス
(父アドマイヤオーラ)

⑪チュウワウィザード
(父キングカメハメハ)

⑯サトノティターン
(父シンボリクリスエス)

このあたりが今年の穴候補。中から狙いは⑤クリンチャー

前走は鞍上の好騎乗が光った一戦でしたが、それを差し引いてもこれまでの甘さを払拭する会心の勝利。芝時代はGⅠでも好走実績があり、格負けはしないはず。人気の盲点となっている今回が馬券的には狙い目になりそうです。





【出馬表・オッズはこちら】

境和樹が厳選勝負レースを公開中!
「競馬成駿」はコチラ!


境和樹

SAKAI KAZUKI

立教大学部法学部卒。東スポや競馬の天才で人気上昇中の血統予想家。血統傾向からレースの適性を探る。

  • twitter
  • facebook
  • g+
  • line